Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コロラド気球事件(Colorado balloon incident)は、2009年10月15日に、コロラド州のフォートコリンズから6歳のファルコン・ヒーニー(Falcon Heene)が空飛ぶ円盤型のUFOに見えるように銀色に着色した自家製のヘリウム気球に乗ったまま、一時消息不明となった事件。高度1万5000フィート(4,600m)上空に飛ばされたとの情報が伝えられ、世界の注目を集めた。いくつかの放送局によってファルコンは「Balloon Boy」(気球少年)と呼ばれた。気球はデンバー国際空港の北東19キロあたりの地点に着陸したが、男児の姿はなかった。当局はデンバー国際空港の操業を停止し、コロラド州軍や現地警察のヘリコプターを投入して気球を追跡していた。少年が気球の中にいないと分かった時、当局は途中で落ちてしまったのではないかと思い(気球の飛行中何か気球から落下したとの報告があったため)周囲を懸命に捜索したがその日の午後遅く彼は自宅にいることが判明した。そこまでは普通に「事件」として報道されていたのだがヒーニー一家がラリー・キング・ライブのウルフ・ブリッツアーに取材されている時、少年が「ショーのためにやった」(you guys said that, um, we did this for the show)と答えてしまったためこの出来事が少年の父親によって巧妙に計画され実行された売名行為ではないかという憶測が飛び交った。ラリマー郡の保安官であるジム・アルダーデン(Jim Alderden)は、10月18日の記者会見で、この事件は悪戯であり、両親がいくつかの重罪に関連していると発言した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1909395 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57586773 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コロラド気球事件(Colorado balloon incident)は、2009年10月15日に、コロラド州のフォートコリンズから6歳のファルコン・ヒーニー(Falcon Heene)が空飛ぶ円盤型のUFOに見えるように銀色に着色した自家製のヘリウム気球に乗ったまま、一時消息不明となった事件。高度1万5000フィート(4,600m)上空に飛ばされたとの情報が伝えられ、世界の注目を集めた。いくつかの放送局によってファルコンは「Balloon Boy」(気球少年)と呼ばれた。気球はデンバー国際空港の北東19キロあたりの地点に着陸したが、男児の姿はなかった。当局はデンバー国際空港の操業を停止し、コロラド州軍や現地警察のヘリコプターを投入して気球を追跡していた。少年が気球の中にいないと分かった時、当局は途中で落ちてしまったのではないかと思い(気球の飛行中何か気球から落下したとの報告があったため)周囲を懸命に捜索したがその日の午後遅く彼は自宅にいることが判明した。そこまでは普通に「事件」として報道されていたのだがヒーニー一家がラリー・キング・ライブのウルフ・ブリッツアーに取材されている時、少年が「ショーのためにやった」(you guys said that, um, we did this for the show)と答えてしまったためこの出来事が少年の父親によって巧妙に計画され実行された売名行為ではないかという憶測が飛び交った。ラリマー郡の保安官であるジム・アルダーデン(Jim Alderden)は、10月18日の記者会見で、この事件は悪戯であり、両親がいくつかの重罪に関連していると発言した。
rdfs:label
  • コロラド気球事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of