Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コロラトゥーラ(イタリア語: coloratura)は、クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節のこと。具体的にはトリルが多用される。これが使われている曲の中で特に有名なものとしては、モーツァルトの歌劇「魔笛」における第2幕の夜の女王(ソプラノ)によるアリア『復讐の炎は地獄のように我が心に燃え』がある。ロッシーニの歌劇「セビリャの理髪師」第1幕第2場でロジーナ(メゾ・ソプラノ)が歌う『今の歌声は (Una voce poco fa) 』も有名。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1128683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47538660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コロラトゥーラ(イタリア語: coloratura)は、クラシック音楽の歌曲やオペラにおいて、速いフレーズの中に装飾を施し、華やかにしている音節のこと。具体的にはトリルが多用される。これが使われている曲の中で特に有名なものとしては、モーツァルトの歌劇「魔笛」における第2幕の夜の女王(ソプラノ)によるアリア『復讐の炎は地獄のように我が心に燃え』がある。ロッシーニの歌劇「セビリャの理髪師」第1幕第2場でロジーナ(メゾ・ソプラノ)が歌う『今の歌声は (Una voce poco fa) 』も有名。
rdfs:label
  • コロラトゥーラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of