Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コルト M1848(通称:コルト・ドラグーン)は、パーカッション式シリンダー先込め銃(回転式拳銃)であり、フリントロック式からメタルカートリッジ式への過渡期に登場した製品である。1848年にアメリカ陸軍の制式拳銃となり、後継モデルである「コルトM1860アーミー」が登場するまで12年間その地位を守った。装弾数は6発で、シリンダーに火薬を篭めてから、パッチを被せ、弾丸を詰める。発砲するためには薬室前面にグリスを塗布し、雷管をニップルに被せることが必要である。グリスを塗布し忘れると、発砲時に他の薬室の火薬に火が移り非常に危険である。この現象をチェーンファイア(数珠繋ぎ発火)という。M1848ドラグーンは、前年に登場した「コルトM1847ウォーカー」の改良モデルとして開発された。基本構造および口径は同一ながら、9インチの銃身長と威力を最重視した60グレインの装薬量がウォーカーの特徴である。前述のチェーンファイアが発生した際にシリンダーが破損するケースがあり、装薬量を50グレインとした専用シリンダーと7.5インチの銃身を備えた新型がドラグーンである。各種メディアに登場する例としては、松本零士作品に登場する「戦士の銃(コスモドラグーン)」のモデルとなった事などが著名である(詳細は「戦士の銃#松本零士とドラグーン」を参照)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 493083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56141659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 0.440000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 355.0
prop-ja:口径
  • 0.440000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • コルトM1848
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 回転式拳銃
prop-ja:装弾数
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • コルトM1848
prop-ja:重量
  • 1885.0
prop-ja:銃身長
  • 約7.5インチ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コルト M1848(通称:コルト・ドラグーン)は、パーカッション式シリンダー先込め銃(回転式拳銃)であり、フリントロック式からメタルカートリッジ式への過渡期に登場した製品である。1848年にアメリカ陸軍の制式拳銃となり、後継モデルである「コルトM1860アーミー」が登場するまで12年間その地位を守った。装弾数は6発で、シリンダーに火薬を篭めてから、パッチを被せ、弾丸を詰める。発砲するためには薬室前面にグリスを塗布し、雷管をニップルに被せることが必要である。グリスを塗布し忘れると、発砲時に他の薬室の火薬に火が移り非常に危険である。この現象をチェーンファイア(数珠繋ぎ発火)という。M1848ドラグーンは、前年に登場した「コルトM1847ウォーカー」の改良モデルとして開発された。基本構造および口径は同一ながら、9インチの銃身長と威力を最重視した60グレインの装薬量がウォーカーの特徴である。前述のチェーンファイアが発生した際にシリンダーが破損するケースがあり、装薬量を50グレインとした専用シリンダーと7.5インチの銃身を備えた新型がドラグーンである。各種メディアに登場する例としては、松本零士作品に登場する「戦士の銃(コスモドラグーン)」のモデルとなった事などが著名である(詳細は「戦士の銃#松本零士とドラグーン」を参照)。
rdfs:label
  • コルトM1848
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of