Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コルト・シングルアクション・アーミー(英語: Colt Single Action Army)とは、西部開拓時代に使用されていた回転式拳銃。生産は現在でも継続されている。通称は「ピースメーカー」。1872年から20年ほどアメリカ陸軍に制式採用されており、この際の制式名はM1873。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 395992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3335 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58850055 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 0.450000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 276.0
prop-ja:口径
  • 0.450000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • コルト・シングル・アクション・アーミー
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 回転式拳銃
prop-ja:装弾数
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:重量
  • 1150.0
prop-ja:銃身長
  • 140.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コルト・シングルアクション・アーミー(英語: Colt Single Action Army)とは、西部開拓時代に使用されていた回転式拳銃。生産は現在でも継続されている。通称は「ピースメーカー」。1872年から20年ほどアメリカ陸軍に制式採用されており、この際の制式名はM1873。
rdfs:label
  • コルト・シングル・アクション・アーミー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of