Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コラは、九州の薩摩半島南部に見られる火山灰からなる地層である。特に南薩台地、知覧盆地、川辺盆地に広く分布し、0.2-0.5メートルの厚さをなしている。名称の由来は地元で「固い物」あるいは「かたまり」を意味する言葉である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1620332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 22992791 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コラは、九州の薩摩半島南部に見られる火山灰からなる地層である。特に南薩台地、知覧盆地、川辺盆地に広く分布し、0.2-0.5メートルの厚さをなしている。名称の由来は地元で「固い物」あるいは「かたまり」を意味する言葉である。
rdfs:label
  • コラ (地質)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of