Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コラボレーション(英: collaboration)は、共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力を指す言葉。しばしばコラボと略される。かつては「初共演」などとするのが一般的だったが、2000年以降に「初コラボ」「異色のコラボ」「夢のコラボ」「最強のコラボ」などの形でPR(宣伝)の際に頻繁に用いられるようになった。今日では、音楽や漫画などの著作物に限らず、企業同士、ブランドと雑誌、ショップの共同企画など、あらゆる分野で「コラボレーション」の語が使われている。さらに、テレビ番組やCM、映画とアーティストとの共同企画にまで用いられるなど、用例が曖昧になっている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 206570 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2496 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58806750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --09-11
prop-ja:独自研究
  • --09-11
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • --09-11
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コラボレーション(英: collaboration)は、共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力を指す言葉。しばしばコラボと略される。かつては「初共演」などとするのが一般的だったが、2000年以降に「初コラボ」「異色のコラボ」「夢のコラボ」「最強のコラボ」などの形でPR(宣伝)の際に頻繁に用いられるようになった。今日では、音楽や漫画などの著作物に限らず、企業同士、ブランドと雑誌、ショップの共同企画など、あらゆる分野で「コラボレーション」の語が使われている。さらに、テレビ番組やCM、映画とアーティストとの共同企画にまで用いられるなど、用例が曖昧になっている。
rdfs:label
  • コラボレーション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:収益 of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of