Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コラジン(英語:Chorazin)は新約聖書に登場するガリラヤの町の一つである。今日の大規模な廃墟キルベト・ケラゼであると同定される。コラジンでイエスは伝道活動をしたが、この町の人々は、イエス・キリストを通してなされた奇跡的な働きを体験し、また福音に接したが、真の信仰には至らなかった。そのためにベツサイダやカペナウムと並んで、イエスから厳しく叱責されている。コラジンには旧約聖書には登場しないが、タルムードやヒエロニムスの証言などから、かなり繁栄した町であったことが伺える。シナゴーグの遺構もキルベト・ケラゼに残っている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2290367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59138322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コラジン(英語:Chorazin)は新約聖書に登場するガリラヤの町の一つである。今日の大規模な廃墟キルベト・ケラゼであると同定される。コラジンでイエスは伝道活動をしたが、この町の人々は、イエス・キリストを通してなされた奇跡的な働きを体験し、また福音に接したが、真の信仰には至らなかった。そのためにベツサイダやカペナウムと並んで、イエスから厳しく叱責されている。コラジンには旧約聖書には登場しないが、タルムードやヒエロニムスの証言などから、かなり繁栄した町であったことが伺える。シナゴーグの遺構もキルベト・ケラゼに残っている。
rdfs:label
  • コラジン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of