Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コマーロム・エステルゴム県(Komárom-Esztergom megye)は、ハンガリーの県。県都はタタバーニャ。人口は約37万5千人。コマーロム県とエステルゴム県が合併して成立した。コマーロムや、ハンガリー建国史と深く結びつくエステルゴムなどが、同県を代表する都市である。県の北境はスロヴァキアとの国境であり、ドナウ川で隔てられている。県内のコマーロムやエステルゴムからスロヴァキアに陸路で入国が可能である。南境でフェイェール県、東境でペシュト県、西境でジェール・モション・ショプロン県と接している。西南端ではヴェスプレーム県とも接している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 983645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56511680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コマーロム・エステルゴム県(Komárom-Esztergom megye)は、ハンガリーの県。県都はタタバーニャ。人口は約37万5千人。コマーロム県とエステルゴム県が合併して成立した。コマーロムや、ハンガリー建国史と深く結びつくエステルゴムなどが、同県を代表する都市である。県の北境はスロヴァキアとの国境であり、ドナウ川で隔てられている。県内のコマーロムやエステルゴムからスロヴァキアに陸路で入国が可能である。南境でフェイェール県、東境でペシュト県、西境でジェール・モション・ショプロン県と接している。西南端ではヴェスプレーム県とも接している。
rdfs:label
  • コマーロム・エステルゴム県
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of