Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コンピューティングにおけるコマンド(英: command)は、特定のタスクをコンピュータに実行させるための指示の一種であり、プログラムが一種のインタプリタとして解釈し実行する。シェルなどのコマンド行インタフェースへの指示をコマンドと呼ぶことが多い。コマンドを実際に実行するプログラムには定型の引数群をとることができ、コマンドの動作を修正するフラグと呼ばれる引数と、コマンドが動作する際の対象となるオブジェクト(ファイルなど)を指定する引数がある。自然言語にたとえると、コマンドは動詞、フラグは副詞、その他の引数は目的語である。また、命令型プログラミング言語でも「コマンド」という用語を使うことがある。これは、命令型言語では文を自然言語の命令法のような形式で書くことが多いためである。命令型言語の文を自然言語の命令文に見立てたとき、動詞にあたる部分がコマンドであるといった説明をする者もいるが、本来は用語として使い分けられているものを単に正しく理解せずに混同しているだけのこともある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1838687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58084419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コンピューティングにおけるコマンド(英: command)は、特定のタスクをコンピュータに実行させるための指示の一種であり、プログラムが一種のインタプリタとして解釈し実行する。シェルなどのコマンド行インタフェースへの指示をコマンドと呼ぶことが多い。コマンドを実際に実行するプログラムには定型の引数群をとることができ、コマンドの動作を修正するフラグと呼ばれる引数と、コマンドが動作する際の対象となるオブジェクト(ファイルなど)を指定する引数がある。自然言語にたとえると、コマンドは動詞、フラグは副詞、その他の引数は目的語である。また、命令型プログラミング言語でも「コマンド」という用語を使うことがある。これは、命令型言語では文を自然言語の命令法のような形式で書くことが多いためである。命令型言語の文を自然言語の命令文に見立てたとき、動詞にあたる部分がコマンドであるといった説明をする者もいるが、本来は用語として使い分けられているものを単に正しく理解せずに混同しているだけのこともある。
rdfs:label
  • コマンド (コンピュータ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of