Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3135037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59256916 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:channel
  • DR1
prop-ja:composer
  • Halfdan E
prop-ja:country
prop-ja:creator
  • Adam Price
prop-ja:director
  • Søren Kragh-Jacobsen
  • Rumle Hammerich
prop-ja:firstAired
  • 2010-09-26 (xsd:date)
prop-ja:genre
  • 政治ドラマ
prop-ja:language
prop-ja:name
  • シーズン1-2での議会構成
prop-ja:numEpisodes
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:numSeasons
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:politicalGroups
  • 連立与党 * 穏健党 * 労働党 * 緑の党 協力関係にある党 * 団結連盟 * グリーンランド・フェロー諸島の中道右派 野党 * 自由党 * 新保守党 * グリーンランド・フェロー諸島の中道左派 * 国民党
prop-ja:producer
  • Camilla Hammerich
prop-ja:runtime
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:showName
  • コペンハーゲン/首相の決断
prop-ja:starring
  • Birgitte Hjort Sørensen
  • Mikael Birkkjær
  • Pilou Asbæk
  • Sidse Babett Knudsen
  • Søren Malling
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • Adam Price
  • Jeppe Gjervig Gram
  • Tobias Lindholm
prop-ja:備考
  • 武装せる預言者は勝利し、備えなきは滅びるのみ (マキャヴェリ)
  • その盛者必衰の歴史ゆえ、デンマーク人は疑い深い (ヨハネス・V・イェンセン)
  • 君主、目的を持たず、闘いによる秩序を保て (マキャヴェリ)
  • 必要がある時、戦争は正当である (マキャヴェリ)
  • 気付いた時には手遅れだ (武器メーカー)
  • 成功も失敗も永続的なものではない。継続する勇気こそ意味をなす (チャーチル)
  • 我々は大勝利を得た (労働組合総連合の元会長、トマス・ニルセン)
  • 人に危害を加える時は、復讐の恐れがないよう徹底的に行うべし (マキャヴェリ)
  • 君主、愛されるより、恐らるるが良し (マキャヴェリ)
  • 政治は流血なき戦争であり、戦争は流血せる政治だ (毛沢東)
  • 留まるべきか。去るべきか。それが問題だ (シェイクスピア「ハムレット」)
  • 歴史は悪夢で、私はそこから目覚めたい (J・ジョイス)
  • 理想主義と呼ばれることの多くは、隠された権力への憧れだ (バートランド・ラッセル)
  • 民主主義は最悪にして最良の政治形態である (チャーチル)
  • 敵を愛し、迫害する者のために祈れ (マタイによる福音書 第5章 44節)
  • オープニングクレジット
  • 信頼は良いものだ。しかし統制はもっと良い (レーニン)
  • 幽霊を黙らせれば更に大きくなる (グリーンランドの諺)
  • 友は近くに置け、敵はより近くに置け (孫子)
  • 君主は約束を破る理由に事欠かない (マキャヴェリ)
  • 白人の責務を果たせ。平和を求め苛酷な戦いに出でよ。飢に瀕した者の腹を満たし、疫病を駆逐せよ (ラドヤード・キップリング)
prop-ja:備考1のスタイル
  • text-align:center;
prop-ja:備考1スタイル
  • text-align:center;
prop-ja:概要
  • EU本部があるブリュッセルに派遣されるデンマークの欧州委員を決めるために奮闘するビアギッテ。穏健党の有力議員であるヤコブ・クルーセを欧州委員にしようとするが、そのクルーセは自身ではなくビアギッテの最大の盟友であるベント・サイアウーが欧州委員に最も適任だと言う。その提言通りビアギッテはベントに欧州委員になるように持ち掛けるが、ベントは最近のビアギッテの独善的かつ前ヘセルボー政権にすり寄る政権運営に反発しており「お払い箱にするために金で解決させるのはやめてくれ」と断ってしまう。そして…。
  • デンマーク初の女性首相、ビアギッテ・ニュボー・クリステンセンはアフガニスタンに進駐するデンマーク軍の基地に、スピンドクターのカスパーや前回TV1を退職しその後大衆紙エクスプレス社に転職したカトリーネらと視察に来ていた。気さくにデンマーク軍兵士達と写真を撮り、兵士たちを激励し戦場とは思えないほどに和やかな雰囲気が漂う中、その後状況が一変する。パトロール中のデンマーク軍兵士数人がゲリラに襲われ死亡してしまう。エクスプレスCEOのラウゲセンはそれを使って政権批判をするために、カトリーネに記事を書くように命じた。そこでカトリーネはビアギッテを一緒に写真を撮った後、亡くなったデンマーク軍兵士の1人アンドレアス・ヒーサゴーの父親で遺族のヨーン・ヒーサゴーに会い、遺族に渡される兵士が生前に書いた「別れの手紙」を見せてくれと請願するが…。
  • 新内閣を発足させ、デンマーク初の女性首相となったビアギッテ。だがその直後、予算案採決に際し連立与党である労働党議員二名が反対を証明し、政権運営は初めから混乱の様相となる。それを嗅ぎつけた野党、自由党党首の前首相ヘセルボーと新保守党党首のヴュボネ・ケーアは、ビアギッテに対し自分達に譲歩しろと脅しをかけてくる。それに対しビアギッテ達は…。
  • 最新の世論調査で現政権が過半数割れするという結果を受け攻勢に入るラウゲセン。それをテレビ越しで厳しい顔で見るビアギッテは、夫フィリップと疎遠になり、自宅ではなくマリー・インボー(首相公邸)に寝泊まりする生活が続いていた。それをマスコミが嗅ぎつけているとカスパーに指摘され、数日ぶりに自宅に帰る。すると偶然帰宅したフィリップと会うが、そこでフィリップが不倫していた事を知りショックを受ける。それをなんとか解決挽回しようとカスパーの提案で、夫婦円満をアピールするためにTV1の番組に夫婦で出演する事となるが…。
  • 義父が亡くなり、母が介護施設に入ることになり、無人となった自身の実家を売却するために訪れたカスパー。そこで自身の子供の頃の「壮絶な過去」を回想する。そんな中、右派野党、国民党党首スベン・オルド・サルトムはデンマーク少年法が改正厳罰化し、刑事責任年齢を現行の14歳から12歳に下げろと主張する。その国会演説を聞き、その後サルトムにつめ寄り大激怒し罵倒するカスパー。それにはカスパー自身の「耐え難い過去の苦い思い出」が関係していた。そんな中、サルトムが「13歳」の移民の少年に暴行され、事態は悪化する…。
  • ある日の首相府の執務室。与党幹部達がデンマーク企業の女性役員を強制的に45%にする「クオータ制」導入法案の議論を行っていた。法案を管轄するビアギッテ内閣唯一の民間大臣、ヘンリエッテ・クリトゴーらと共に法案成立に奮闘するビアギッテ達だったが…。それを阻む強大な影が忍び寄っていた…。
  • 総選挙に大勝し、勝者として女王陛下から組閣の権限を与えられたビアギッテ。しかしその後も各党の思惑を暗躍が交差し、ビアギッテの組閣作業は難航。国民党。新保守党。自由党。労働党。緑の党。団結連盟。各党と親密に協議を続け、自身の内閣を作り上げようと奮闘する。そんな中、労働党党首を辞任したラウゲセンに代わって行われる新労働党党首選に出馬を表明した労働党副党首のトローウルス・フクセンハーベンがビアギッテの前に現れ…。
  • 社会福祉制度の見直しをする事となったビアギッテ政権。デンマークの財政再建のため、早期退職手当の受給対象者は将来別の補助金を受給できるようにするようにする改正案を提言する。しかしそれに労働党党首のビャアン・マロットはじめデンマークの労働組合の各幹部達が猛反発する。そんな中、離婚した元夫のフィリップがやってきて…。
  • ある日の大学構内。世界的大企業「ベア・エレクトロニクス社」の北欧支部CEOに抜擢されたため、大学講師を辞める事となったフィリップの送別会が行われていた。同席していた妻のビアギッテはカスパーからの電話で、防衛省が新たに購入する戦闘機をマスコミに発表したいと告げられ、詳細を確認しに首相府へ向かう。そこで戦闘機購入の協議を進めるが、のちに防衛大臣の汚職が発覚してしまい、それがあろうことかビアギッテとフィリップとの夫婦仲に影響してくる…。
  • デンマークきっての産業界の大物、ヨアキム・クローネがビアギッテに会うために首相府に極秘で訪れる。そしてクローネはデンマークの国際的評判を上げるために、アフリカで宗教紛争を起こし、分裂対立している南北カルーンの和平交渉の仲介役になってはどうだとビアギッテに提案する。一旦は断るビアギッテだったが、南北カルーン紛争によってデンマークに来る難民が増え続けており、それが要因となり自身の支持率が低迷していることを憂い一変して同意し、南北カルーン紛争解決のために和平協定開催に尽力する。そして…。
  • デンマークの中道派政党、野党穏健党党首のビアギッテ・ニュボー・クリステンセンは政権選択の総選挙を目前にして、自らの進退について悩み困惑していた。そんな中連立していた労働党党首、ミケール・ラウゲセンが穏健党との協定を破り、ビアギッテは激怒し穏健党と労働党は仲間割れしてしまう。ビアギッテのスピンドクターであるカスパー・ユールは焦った。しかし友人のジャーナリストのカトリーネ・フェンスマークからの突然の電話で呼ばれてホテルに行ってみると、そこには泣き崩れるカトリーネと突然の心臓発作で死去したカトリーネの不倫相手で首相秘書であるオーレ・デールの姿があった。すぐさまカトリーネを帰らせて後始末をするカスパー。だがそこにはラウス・ヘセルボー首相に関する重大な不祥事を示すレシートがあった。
  • デンマークの新しい社会福祉制度の一環として、家を建てる時に礎石を置く習慣があるが、その代わりとして我々は木を植える。社会福祉制度をより良い方向に変えていきます。という演出の政府広報のCM撮影をしているビアギッテはじめ政権与党幹部達。連立与党、緑の党党首のアミーヤ・ドゥーイアンは新しい「環境対策一括法案」を早期に可決成立させるようにビアギッテに請願する。ビアギッテはその請願を叶えるために自由党や新保守党など右派野党各党にも協力を求めるが…。
  • 国会の夏休み中。労働党党首を辞任し、エクスプレスCEOに就任したラウゲセンが政界にいた頃の裏話を詰め込んだ暴露本を出版する事となった。死去したオーレからヘセルボーの公金不正使用の証拠のレシートを奪ったカスパーは焦り、ラウゲセンに会いに行くが無視される。さらに「とある事件」がきっかけで生き別れた母親がカスパーの前に現れ…。
  • 突然に首相職を休職することを発表したビアギッテ。首相代理となった労働党党首のハウスクリスチャン・トアセンがビアギッテに代わり、首相執務室の首相席に座る。ラウラの病状回復に尽力するビアギッテ。その努力が実り、ラウラは順調に回復に向かう。しかし首相職休職は負担が大きく、ビアギッテの支持率と権威は失墜する一方。野党やマスコミはおろか与党内からも批判が高まる中、ビアギッテは休職を取りやめ閣僚会議を招集し、国会演説を行いそして…。
  • 夜、TV1に一本の匿名の電話が入る。それはカトリーネに極秘に伝えたいというデンマークの安全保障に関する情報だった。すぐさま指定された場所に行くカトリーネと同僚のベク・シモン。その場で情報に関する資料を受け取り、デンマーク軍がアメリカ軍に従属し、デンマーク領に許可なくCIAが拘束した容疑者達を降ろすと言う違反行為を告発する代物だった。カトリーネはそれをTV1で流し、政府を批判しようと上司のトーベン・フリースに持ち掛けるが…。
  • 陽気に電話をしながら団結連盟本部に入る党首のアネソフィ・リンデンクローネ。ちょうど改装工事中で天井照明の改築作業も行っていた。しかしそこから公安が仕掛けていた盗聴器が発見されマスコミも大々的に報道し、国会は混乱する。公安を管轄する法務大臣、フクセンハーベンが対応に乗り出すが…。
  • 東欧の国トルギシアのトップ、グロージン大統領がデンマークに来る事となり、出迎える事となったビアギッテ。しかしその一方でグロージン政権反対派の筆頭である政治活動家バイアーノフもデンマークにいた。グロージンは自国トルギシアがデンマークから多額の風車を購入することを逆手に脅しをかけ、バイアーノフを逮捕しトルギシアに引き渡すように圧力をかけてくるが…。
  • 南北カルーン両国との会談を終え、快く和平協定をコペンハーゲンで行うと了承してくれた両国。だがコペンハーゲンのデンマーク首相府に北カルーン大統領が到着したと同時に北カルーンのオルシア地方が南カルーン軍に攻撃を受けたとの連絡が入り、南北カルーン和平協定会談は中断してしまう。その後も必死に両国大統領を説得するビアギッテだったが…。
  • 前回の与党超党派のセミナーでゲイのハニートラップにかかり、その時の情事を盗撮されたフクセンハ―ベン。そんなことも知らず労働党党首及び外務大臣に就任し、飛ぶ鳥を落とす勢いに乗り首相のビアギッテに対しても、強気になる。そんな中、エクスプレス社ではラウゲセンが「匿名の手紙が編集部に届いた」とフクセンハ―ベンのゲイとの情事写真をカトリーネとハネに見せ、これを暴露する記事を書けと二人に命じる。不審に思ったカトリーネとハネは「極秘の情報収集」を始める…。
  • 政府の医療制度改革において、民間の医療サービスや医療保険に加入する際になされる税控除を廃止し、その分の徴収した財源を公共の医療サービスや医療保険に使おうと主張するビアギッテ。そんな中、高級な民間の精神科病院である「リーセ・ホルム」にビアギッテの娘、ラウラが入院することになる。それを嗅ぎつけたエクスプレスは「税控除が廃止され、一般市民が民間健康保険に手が届かなくなる一方、首相は娘を高額な民間病院に入院させた。彼女の入院費は10万クローネ以上」と猛バッシングをはじめ、他のマスコミもそれに便乗し「リーセ・ホルム」はリポーター達やパパラッチ達に占領されてしまう。耐えかねたビアギッテ達は…。
prop-ja:話数
  • 第10話
  • 第1話
  • 第2話
  • 第3話
  • 第4話
  • 第5話
  • 第6話
  • 第7話
  • 第8話
  • 第9話
  • 第11話
  • 第14話
  • 第12話
  • 第13話
  • 第15話
  • 第16話
  • 第17話
  • 第18話
  • 第19話
  • 第20話
  • 通算話
prop-ja:題名
  • 89000 (xsd:integer)
  • 反乱
  • エピソードタイトル
  • 告発
  • 内にて失いしものを外にて取り戻さん  (前編)
  • 内にて失いしものを外にて取り戻さん  (後編)
  • プライベート・ライフの平穏
  • 公式訪問
  • 分割統治
  • 夏枯れ時
  • 彼らと私たち
  • 戦いに臨んで
  • 最後の労働者
  • 木を植えよう
  • 特別な事情説明
  • 組閣
  • 罪深き女
  • 見ざる。聞かざる。言わざる
  • 開会演説
  • 闘いの始まり
  • ブリュッセルにはここでの叫びは届かない
dcterms:subject
rdfs:label
  • コペンハーゲン/首相の決断
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of