Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コペンハーゲン空港(コペンハーゲンくうこう、デンマーク語: Københavns Lufthavn, Kastrup、英: Copenhagen Airport)は、デンマーク王国の首都コペンハーゲン近郊の町トーンビュー(Tårnby)にある空港。もともとは所在地の地名からカストラップ(カストルップ、Kastrup)空港と名付けられ、同じくコペンハーゲン郊外にあるロスキレ空港(Københavns Lufthavn, Roskilde)と区別するために、今でも現地ではカストラップ空港と呼ばれることが多い。コペンハーゲン周辺や対岸スウェーデンのマルメなどを含むエーレスン地域へのアクセス空港であるとともに、ヨーロッパのハブ空港の一つである。スウェーデンのストックホルム-アーランダ空港やノルウェーのオスロ空港と並んで、スカンジナビア航空(SAS)の拠点空港であり、長距離国際線の大部分はコペンハーゲン発着となっている。1日当たり6万人近く年間では約2千万人の旅客を扱う(北欧諸国では1位、ヨーロッパ内でも16位の旅客数、2009年現在)が、その大多数は国際線の旅客である。コペンハーゲン空港およびロスキレ空港は、半官半民のコペンハーゲン空港会社(Københavns Lufthavne A/S)が運営している。株式の5割強をオーストラリアマッコーリー銀行グループが保有しており、このうちMAp Airport社の持ち分が全体の3割、残りはグループの運営するファンドの持ち分である。デンマーク政府の持ち分は全体の4割ほどである。
dbpedia-owl:elevation
  • 4.876800 (xsd:double)
  • 5.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:iataLocationIdentifier
  • CPH
dbpedia-owl:icaoLocationIdentifier
  • EKCH
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 176904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10904 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58114002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:iata
  • CPH
prop-ja:icao
  • EKCH
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:地図名
  • Denmark
prop-ja:地図説明
  • 空港の位置
prop-ja:所在地
prop-ja:拠点航空会社
prop-ja:旅客数
  • 19715451 (xsd:integer)
prop-ja:標高Ft
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:標高M
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:母都市
prop-ja:滑走路1ils
prop-ja:滑走路1幅M
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路1方向
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路1表面
prop-ja:滑走路1長さM
  • 3600 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路2ils
prop-ja:滑走路2幅M
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路2方向
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路2表面
prop-ja:滑走路2長さM
  • 3300 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路3ils
prop-ja:滑走路3幅M
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路3方向
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:滑走路3表面
prop-ja:滑走路3長さM
  • 3070 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Copenhagen-Airport-from-air.jpg
prop-ja:発着回数
  • 236172 (xsd:integer)
prop-ja:種類
  • 公共
prop-ja:空港名
  • コペンハーゲン空港
prop-ja:経度ew
  • E
prop-ja:経度分
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 49 (xsd:integer)
prop-ja:統計年
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:緯度ns
  • N
prop-ja:緯度分
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:貨物取扱量
  • 312179 (xsd:integer)
prop-ja:運営者
  • コペンハーゲン空港会社
dcterms:subject
georss:point
  • 55.62861111111111 12.646944444444445
rdf:type
rdfs:comment
  • コペンハーゲン空港(コペンハーゲンくうこう、デンマーク語: Københavns Lufthavn, Kastrup、英: Copenhagen Airport)は、デンマーク王国の首都コペンハーゲン近郊の町トーンビュー(Tårnby)にある空港。もともとは所在地の地名からカストラップ(カストルップ、Kastrup)空港と名付けられ、同じくコペンハーゲン郊外にあるロスキレ空港(Københavns Lufthavn, Roskilde)と区別するために、今でも現地ではカストラップ空港と呼ばれることが多い。コペンハーゲン周辺や対岸スウェーデンのマルメなどを含むエーレスン地域へのアクセス空港であるとともに、ヨーロッパのハブ空港の一つである。スウェーデンのストックホルム-アーランダ空港やノルウェーのオスロ空港と並んで、スカンジナビア航空(SAS)の拠点空港であり、長距離国際線の大部分はコペンハーゲン発着となっている。1日当たり6万人近く年間では約2千万人の旅客を扱う(北欧諸国では1位、ヨーロッパ内でも16位の旅客数、2009年現在)が、その大多数は国際線の旅客である。コペンハーゲン空港およびロスキレ空港は、半官半民のコペンハーゲン空港会社(Københavns Lufthavne A/S)が運営している。株式の5割強をオーストラリアマッコーリー銀行グループが保有しており、このうちMAp Airport社の持ち分が全体の3割、残りはグループの運営するファンドの持ち分である。デンマーク政府の持ち分は全体の4割ほどである。
rdfs:label
  • コペンハーゲン空港
owl:sameAs
geo:lat
  • 55.628613 (xsd:float)
geo:long
  • 12.646944 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:stopover of
is prop-ja:説明 of
is foaf:primaryTopic of