Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コペンハーゲン学派(コペンハーゲンがくは、英: The Copenhagen School)は、国際関係論、特に安全保障研究における理論的立場の一つである。安全保障の社会構築主義的側面や非軍事的側面を重視する点が特徴である。かつて、バリー・ブザンやオーレ・ヴェーヴァーらを中心とした、コペンハーゲン平和研究所(en:Copenhagen Peace Research Institute、現在のデンマーク国際関係研究所)に在籍した研究者が独特の理論的主張を行っていたことに由来する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2082554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50770415 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コペンハーゲン学派(コペンハーゲンがくは、英: The Copenhagen School)は、国際関係論、特に安全保障研究における理論的立場の一つである。安全保障の社会構築主義的側面や非軍事的側面を重視する点が特徴である。かつて、バリー・ブザンやオーレ・ヴェーヴァーらを中心とした、コペンハーゲン平和研究所(en:Copenhagen Peace Research Institute、現在のデンマーク国際関係研究所)に在籍した研究者が独特の理論的主張を行っていたことに由来する。
rdfs:label
  • コペンハーゲン学派 (安全保障研究)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of