Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コピー・アンド・ペースト(英: Copy and Paste)とは、文章やデータなどをコピー(複写・複製)し、そのコピーしたものを別の場所などへペースト(転写・貼付)するという操作を表すコンピュータ用語である。俗称的な略語に「コピペ」、「コピーペースト」がある。カット・アンド・ペースト(英: Cut and Paste)とは、文書やデータなどをカット(切り取り)して、他の場所にペースト(貼付)して移動させるという操作である。コピー・アンド・ペーストとの相違は、元の場所にはデータが残らず、結果的にデータの移動となる事である。ちなみにこちらは「コピペ」のような省略形は「カットペースト」以外はあまり使われない。現在のほとんどのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)システム上では、コピー(または移動)したい範囲を選択したうえで一定の操作を行うことで、クリップボードにデータをコピーや移動することができ、クリップボードにあるデータは、一定の操作で他の箇所に貼る(ペーストする)ことができる。異なる箇所へデータを容易に複製(移動)できる操作である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59257620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コピー・アンド・ペースト(英: Copy and Paste)とは、文章やデータなどをコピー(複写・複製)し、そのコピーしたものを別の場所などへペースト(転写・貼付)するという操作を表すコンピュータ用語である。俗称的な略語に「コピペ」、「コピーペースト」がある。カット・アンド・ペースト(英: Cut and Paste)とは、文書やデータなどをカット(切り取り)して、他の場所にペースト(貼付)して移動させるという操作である。コピー・アンド・ペーストとの相違は、元の場所にはデータが残らず、結果的にデータの移動となる事である。ちなみにこちらは「コピペ」のような省略形は「カットペースト」以外はあまり使われない。現在のほとんどのグラフィカルユーザインタフェース(GUI)システム上では、コピー(または移動)したい範囲を選択したうえで一定の操作を行うことで、クリップボードにデータをコピーや移動することができ、クリップボードにあるデータは、一定の操作で他の箇所に貼る(ペーストする)ことができる。異なる箇所へデータを容易に複製(移動)できる操作である。
rdfs:label
  • コピー・アンド・ペースト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of