Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コピーレフト(英: copyleft)とは、著作権 (copyright) に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方で、1984年にフリーソフトウェア財団を設立したリチャード・ストールマンが熱心に広めた考えである。コンピュータプログラムの特にバイナリに変換されることを前提としたソースコードについてのものであったが、その後、それ以外の著作物にも適用しようという動きがある(クリエイティブ・コモンズなど)。しばしば、GPLやGFDL等(後述)の特定のライセンスを指すこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58755768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コピーレフト(英: copyleft)とは、著作権 (copyright) に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方で、1984年にフリーソフトウェア財団を設立したリチャード・ストールマンが熱心に広めた考えである。コンピュータプログラムの特にバイナリに変換されることを前提としたソースコードについてのものであったが、その後、それ以外の著作物にも適用しようという動きがある(クリエイティブ・コモンズなど)。しばしば、GPLやGFDL等(後述)の特定のライセンスを指すこともある。
rdfs:label
  • コピーレフト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:sourceModel of
is foaf:primaryTopic of