Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コハク酸デヒドロゲナーゼ (succinate dehydrogenase)は、哺乳類のミトコンドリア膜内部に固定されている酵素複合体である。細菌の細胞にも存在する。コハク酸CoQレダクターゼ(succinate-coenzyme Q reductase, SQR)、複合体II(Complex II)とも呼ばれ、クエン酸回路と電子伝達系の両方を構成する唯一の酵素である。クエン酸回路の8段階目の反応では、SQRはコハク酸をフマル酸へ酸化させ、ユビキノンをユビキノールへ還元させる。この反応は膜において同時に起こる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9028-11-9
dbpedia-owl:ecNumber
  • 1.3.5.1
  • 1/3/5/1
dbpedia-owl:pdb
  • Succinate Dehydrogenase.jpg
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2055643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58464614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • サブユニット: , , ,
prop-ja:casNumber
  • 9028-11-09 (xsd:date)
prop-ja:ecNumber
  • 1.300000 (xsd:double)
prop-ja:goCode
  • 8177 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • コハク酸デヒドロゲナーゼ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dc:description
  • サブユニット:,,,
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コハク酸デヒドロゲナーゼ (succinate dehydrogenase)は、哺乳類のミトコンドリア膜内部に固定されている酵素複合体である。細菌の細胞にも存在する。コハク酸CoQレダクターゼ(succinate-coenzyme Q reductase, SQR)、複合体II(Complex II)とも呼ばれ、クエン酸回路と電子伝達系の両方を構成する唯一の酵素である。クエン酸回路の8段階目の反応では、SQRはコハク酸をフマル酸へ酸化させ、ユビキノンをユビキノールへ還元させる。この反応は膜において同時に起こる。
rdfs:label
  • コハク酸デヒドロゲナーゼ (ユビキノン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • コハク酸デヒドロゲナーゼ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of