Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コネクショニズム(connectionism)とは、人工知能研究においてニューラルネットワークモデルに基づいた知能体を実現・実装する立場のこと。あるいは認知科学・心理学において、同モデルでのシミュレーションなどの研究手法によって人間の認知や行動をモデル化しようとする立場のことである。コネクショニズムモデルに基づいた研究アプローチを取る研究者をコネクショニスト(connectionist)という。例えば1980年代のデビッド・ラメルハートとジェームズ・マクレランドによるPDPモデル(並列分散処理)の研究はその代表的なものの1つである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 207476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46736785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コネクショニズム(connectionism)とは、人工知能研究においてニューラルネットワークモデルに基づいた知能体を実現・実装する立場のこと。あるいは認知科学・心理学において、同モデルでのシミュレーションなどの研究手法によって人間の認知や行動をモデル化しようとする立場のことである。コネクショニズムモデルに基づいた研究アプローチを取る研究者をコネクショニスト(connectionist)という。例えば1980年代のデビッド・ラメルハートとジェームズ・マクレランドによるPDPモデル(並列分散処理)の研究はその代表的なものの1つである。
rdfs:label
  • コネクショニズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of