Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コニフェリン (Coniferin) は、コニフェリルアルコールのグルコシドである。主に球果植物門に存在し、細胞壁のリグニンの中間体である。急速に成長している部位に多く存在し、葉や休眠期の形成層では見られない。このため、成長部に輸送されてβ-グルコシダーゼによって分解されることで、コニフェリルアルコールを供給する役割を持っていると考えられる。バニリンは、1874年にドイツの化学者フェルディナント・ティーマンとヴィルヘルム・ハーマンによって、コニフェリンを原料に初めて合成された。
dbpedia-owl:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (2R,3S,4S,5R,6S)-2-(Hydroxymethyl)-6-[4-[(E)-3-hydroxyprop-1-enyl]-2-methoxyphenoxy]oxane-3,4,5-triol)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2692599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1704 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47472693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Coniferin structure.svg
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • (-2--6-[4-[-3-hydroxyprop-1-enyl]-2-methoxyphenoxy]oxane-3,4,5-triol)
prop-ja:othernames
  • • Coniferyl alcohol β-(D)-glucoside
  • • β-(D)-Glucopyranoside 4--2-methoxyphenyl
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コニフェリン (Coniferin) は、コニフェリルアルコールのグルコシドである。主に球果植物門に存在し、細胞壁のリグニンの中間体である。急速に成長している部位に多く存在し、葉や休眠期の形成層では見られない。このため、成長部に輸送されてβ-グルコシダーゼによって分解されることで、コニフェリルアルコールを供給する役割を持っていると考えられる。バニリンは、1874年にドイツの化学者フェルディナント・ティーマンとヴィルヘルム・ハーマンによって、コニフェリンを原料に初めて合成された。
rdfs:label
  • コニフェリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • • Coniferyl alcohol β-(D)-glucoside
  • • β-(D)-Glucopyranoside 4-(3-hydroxy-1-propenyl)-2-methoxyphenyl
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of