Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:PopulatedPlace/areaTotal
  • 79.0
dbpedia-owl:abstract
  • コトヌー(Cotonou)はベナンの都市で、同国の事実上の首都。人口は約76万人(2006年)。ベナンを代表する港湾都市であり、ベナン経済の中心となる都市。内陸まで鉄道が延びており、物資の集散地としても重要な役割を果たしている。約25キロ北東に首都のポルトノボが位置している。市内には国会、最高裁判所、空港などがあり、憲法上の首都はポルトノボとはいえ、多くの首都機能はコトヌーに置かれている。文化的にも、国立ベナン大学が置かれ多くの学生が学んでいる。19世紀半ばよりフランスによる植民地化が進められ、仏領西アフリカの一部となった。1960年のベナン独立にともない、ベナンの中心都市となった。
dbpedia-owl:areaTotal
  • 79000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:populationTotal
  • 779314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 639012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54349112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:e(東経)及びw(西経)_
  • E
prop-ja:n(北緯)及びs(南緯)_
  • N
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位区分名
prop-ja:下位区分種類
prop-ja:人口の時点
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:人口密度(平方キロ当たり)_
  • 9864.700000 (xsd:double)
prop-ja:位置図
  • BJ-Cotonou.png
prop-ja:位置図の見出し
  • ベナン内のコトヌーの位置
prop-ja:位置図サイズ指定
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:公用語名称
  • Cotonou
prop-ja:協定世界時との時差
  • +1
prop-ja:夏時間の等時帯
  • なし
prop-ja:最高行政執行者名
prop-ja:最高行政執行者所属党派
prop-ja:最高行政執行者称号
  • 市長
prop-ja:標高(メートル)_
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:正式名称
  • コトヌー
prop-ja:画像
  • Cotonou Port.jpg
prop-ja:画像の見出し
  • コトヌー港
prop-ja:等時帯
prop-ja:経度分
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:総人口
  • 779314 (xsd:integer)
prop-ja:総面積(平方キロ)_
  • 79 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:規模
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コトヌー(Cotonou)はベナンの都市で、同国の事実上の首都。人口は約76万人(2006年)。ベナンを代表する港湾都市であり、ベナン経済の中心となる都市。内陸まで鉄道が延びており、物資の集散地としても重要な役割を果たしている。約25キロ北東に首都のポルトノボが位置している。市内には国会、最高裁判所、空港などがあり、憲法上の首都はポルトノボとはいえ、多くの首都機能はコトヌーに置かれている。文化的にも、国立ベナン大学が置かれ多くの学生が学んでいる。19世紀半ばよりフランスによる植民地化が進められ、仏領西アフリカの一部となった。1960年のベナン独立にともない、ベナンの中心都市となった。
rdfs:label
  • コトヌー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • コトヌー
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:stadium of
is foaf:primaryTopic of