Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヿ(こと、U+30FF)は、片仮名「コ」と片仮名「ト」を組み合わせた(合字)片仮名(合略仮名)のひとつ。「こと」と発音される。近世から近代の日本で使用されており、「事」の意味で使用される動詞の後の名詞で用いられる。(〜スルヿ)普通、縦書きにて字の尾の部分が縦に長い形で書かれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1796971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52235861 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:ipa
  • koto
prop-ja:jis片仮名
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:unicode片仮名
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:片仮名字源
  • コトの合字
prop-ja:言語
  • ja
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヿ(こと、U+30FF)は、片仮名「コ」と片仮名「ト」を組み合わせた(合字)片仮名(合略仮名)のひとつ。「こと」と発音される。近世から近代の日本で使用されており、「事」の意味で使用される動詞の後の名詞で用いられる。(〜スルヿ)普通、縦書きにて字の尾の部分が縦に長い形で書かれる。
rdfs:label
  • コト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of