Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コスモクリーナーは、オウム真理教が開発したファン式空気清浄機の名称。この名称は宇宙戦艦ヤマトの放射能除去装置(コスモクリーナーD)に由来する。教団では「反対勢力が毒ガスを噴霧し、オウムを攻撃している」と主張しており、毒ガス攻撃から身を守るために、教団の「科学技術省」の下で独自の空気清浄機の開発が進められた。開発はオゾン発生器から始まり、後に外部から取り込んだ空気に酸性液・アルカリ性液・水の3種類の液体を触れさせることで、毒ガスの成分に化学変化を起こさせて無毒化するという化学変化利用型の大規模空気清浄機が開発され、1995年の教団に対する強制捜査直前には、活性炭型の小型空気清浄機が完成するに至った。サティアンなどの教団の核施設や、うまかろう安かろう亭などの関連企業の室内に取り付けられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1032002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53334750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コスモクリーナーは、オウム真理教が開発したファン式空気清浄機の名称。この名称は宇宙戦艦ヤマトの放射能除去装置(コスモクリーナーD)に由来する。教団では「反対勢力が毒ガスを噴霧し、オウムを攻撃している」と主張しており、毒ガス攻撃から身を守るために、教団の「科学技術省」の下で独自の空気清浄機の開発が進められた。開発はオゾン発生器から始まり、後に外部から取り込んだ空気に酸性液・アルカリ性液・水の3種類の液体を触れさせることで、毒ガスの成分に化学変化を起こさせて無毒化するという化学変化利用型の大規模空気清浄機が開発され、1995年の教団に対する強制捜査直前には、活性炭型の小型空気清浄機が完成するに至った。サティアンなどの教団の核施設や、うまかろう安かろう亭などの関連企業の室内に取り付けられた。
rdfs:label
  • コスモクリーナー (オウム真理教)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of