Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コサ語(Xhosa:コーサ語、ホサ語とも表記する)は南アフリカ共和国の公用語の1つであり、話者数は約790万人、国民の約18%に当たる。南アフリカではズールー語に次ぎ2番目に多く用いられる土着言語である。主に東ケープ州で話される(ズールー語では東ケープ州をKwaXhosa「コサの土地」という)。また西ケープ州(ケープタウンを含む)やヨハネスブルグでも用いられる。バントゥー諸語南東グループ(グニ語群)に属し、ズールー語などに近い。吸着音(舌打ち音:コイサン語族に特徴的で、バントゥー語では一部にのみ存在する)が顕著な言語である。これは現在のコーサ人を含む南部アフリカのバントゥー系民族の祖先には、バントゥーに同化させられたコイサンが多いこと、またバントゥーとコイサンの交流も長かったことを示している。ローマ字により表記されている。声調言語であり、音節ごとに高低の区別があるが、これは普通表記しない。母音は5種類あり、長短の区別があるものの、âを除き普通は表記しない。文法的には膠着語で、接頭辞・接尾辞が語について文法機能を示す。文法的な名詞クラスがあり、これはほぼ意味に関係した分類(たとえば「人」「親族」「動物」「植物」「物」「抽象観念」など)である。
dbpedia-owl:iso6391Code
  • xh
dbpedia-owl:iso6392Code
  • xho
dbpedia-owl:iso6393Code
  • xho
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 898676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55945893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:agency
  • なし
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • ニジェール・コンゴ語族
prop-ja:iso
  • xh
  • xho
prop-ja:name
  • コサ語
prop-ja:nativename
  • isiXhosa
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 790 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • コサ語(Xhosa:コーサ語、ホサ語とも表記する)は南アフリカ共和国の公用語の1つであり、話者数は約790万人、国民の約18%に当たる。南アフリカではズールー語に次ぎ2番目に多く用いられる土着言語である。主に東ケープ州で話される(ズールー語では東ケープ州をKwaXhosa「コサの土地」という)。また西ケープ州(ケープタウンを含む)やヨハネスブルグでも用いられる。バントゥー諸語南東グループ(グニ語群)に属し、ズールー語などに近い。吸着音(舌打ち音:コイサン語族に特徴的で、バントゥー語では一部にのみ存在する)が顕著な言語である。これは現在のコーサ人を含む南部アフリカのバントゥー系民族の祖先には、バントゥーに同化させられたコイサンが多いこと、またバントゥーとコイサンの交流も長かったことを示している。ローマ字により表記されている。声調言語であり、音節ごとに高低の区別があるが、これは普通表記しない。母音は5種類あり、長短の区別があるものの、âを除き普通は表記しない。文法的には膠着語で、接頭辞・接尾辞が語について文法機能を示す。文法的な名詞クラスがあり、これはほぼ意味に関係した分類(たとえば「人」「親族」「動物」「植物」「物」「抽象観念」など)である。
rdfs:label
  • コサ語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • isiXhosa
  • コサ語
is dbpedia-owl:language of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:language of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:言語 of
is foaf:primaryTopic of