Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コイル(英語: coil)とは、針金などひも状のものを、螺旋状や渦巻状に巻いたもののことで、以下のようなものにその性質が利用され、それらを指して呼ばれることもある。明治末から昭和前期には線輪(せんりん)とも言われた。 電気電子分野 電磁誘導 インダクタ 電磁石・ソレノイド - 電動機の主要要素など 変動磁場から電気エネルギーを取り出す - 発電機や誘導コイル、磁気センサ(の実現方法のひとつ)など 変圧器 ループアンテナ その他 電熱器や電灯などのフィラメントなどで効率よく発熱を利用するため 抵抗器(巻線抵抗) ばね - コイルばね特に電気電子分野では、コイルに利用する電線を巻線という。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 220158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58440843 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • コイル(英語: coil)とは、針金などひも状のものを、螺旋状や渦巻状に巻いたもののことで、以下のようなものにその性質が利用され、それらを指して呼ばれることもある。明治末から昭和前期には線輪(せんりん)とも言われた。 電気電子分野 電磁誘導 インダクタ 電磁石・ソレノイド - 電動機の主要要素など 変動磁場から電気エネルギーを取り出す - 発電機や誘導コイル、磁気センサ(の実現方法のひとつ)など 変圧器 ループアンテナ その他 電熱器や電灯などのフィラメントなどで効率よく発熱を利用するため 抵抗器(巻線抵抗) ばね - コイルばね特に電気電子分野では、コイルに利用する電線を巻線という。
rdfs:label
  • コイル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of