Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • コイパサ湖 (Lago Coipasa) は、南アメリカ大陸の西部のアンデス山脈の中部に存在する塩水湖である。この場所はボリビア南西部のオルロ県南西部のサバヤ郡属している。湖面の標高は3657 mで、面積806 km²、水深3.5mで、周囲にはコイパサ塩原 (Salar de Coipasa)、火山Wila Pukaraniがある。アルティプラーノ西部、ウユニ塩原の北20km、オルロとウアラを結ぶ幹線道路の南に位置している。ラウカ川が注ぐ。多くのフラミンゴが生息している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3255307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56501486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:basinCountries
  • Bolivia
prop-ja:imageLake
  • File:Salar de Coipasa, Bolivia.jpg
prop-ja:inflow
prop-ja:location
  • オルロ県サバヤ郡
prop-ja:name
  • Lago Coipasa
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • -19.2 -68.11666666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • コイパサ湖 (Lago Coipasa) は、南アメリカ大陸の西部のアンデス山脈の中部に存在する塩水湖である。この場所はボリビア南西部のオルロ県南西部のサバヤ郡属している。湖面の標高は3657 mで、面積806 km²、水深3.5mで、周囲にはコイパサ塩原 (Salar de Coipasa)、火山Wila Pukaraniがある。アルティプラーノ西部、ウユニ塩原の北20km、オルロとウアラを結ぶ幹線道路の南に位置している。ラウカ川が注ぐ。多くのフラミンゴが生息している。
rdfs:label
  • コイパサ湖
owl:sameAs
geo:lat
  • -19.200001 (xsd:float)
geo:long
  • -68.116669 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of