Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲーラス(古希: Γῆρας, Gēras)は、ギリシア神話に登場する原初の神で、老年の神である。また、ゲーラスはギリシア語で略奪、戦いの褒章も意味する。長母音を省略してゲラスとも表記される。ローマ神話のセネクトゥス (Senectus) に相当する。ヘーシオドスの『神統記』によれば、夜の女神ニュクスが1人で生んだ息子で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリス、モイライ、ネメシス、アパテー、ピロテース、エリスと兄弟である。ヒュギーヌスはエレボスが彼の父だとした。ゲーラスは痩せた無力な老人として描かれ、青春の女神ヘーベーの正反対の神である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1224470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47070069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲーラス(古希: Γῆρας, Gēras)は、ギリシア神話に登場する原初の神で、老年の神である。また、ゲーラスはギリシア語で略奪、戦いの褒章も意味する。長母音を省略してゲラスとも表記される。ローマ神話のセネクトゥス (Senectus) に相当する。ヘーシオドスの『神統記』によれば、夜の女神ニュクスが1人で生んだ息子で、モロス、ケール、タナトス、ヒュプノス、オネイロス、モーモス、オイジュス、ヘスペリス、モイライ、ネメシス、アパテー、ピロテース、エリスと兄弟である。ヒュギーヌスはエレボスが彼の父だとした。ゲーラスは痩せた無力な老人として描かれ、青春の女神ヘーベーの正反対の神である。
rdfs:label
  • ゲーラス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of