Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲル内消化もしくはインゲル消化(in-gel digestion)とはタンパク質を質量分析する際に頻用される試料調製法の1つである。後年数多くの改良が加えられているが、基本的には1992年に発表されたRosenfeldらの方法が用いられている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2402292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50592170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲル内消化もしくはインゲル消化(in-gel digestion)とはタンパク質を質量分析する際に頻用される試料調製法の1つである。後年数多くの改良が加えられているが、基本的には1992年に発表されたRosenfeldらの方法が用いられている。
rdfs:label
  • ゲル内消化
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of