Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen、漢語:日耳曼人)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンジナビア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派その他に属する言語を話していたと推定される諸部族(≠民族)の事を指す。古代時代に地中海世界の近隣勢力として認識され、中世にローマ人(ラテン人)の文化やキリスト教文化との混合によってヨーロッパ世界を形成した。現代においては、ドイツ、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、イングランド、フランデレン、アルザス、南ティロルなどがこの集団の系譜を引いていると認識される事が多い。しかし欧州大陸の長い歴史の中では様々な文化集団の離合集散が繰り返されており、その連続性はあくまで限定的なものである。特定の国や民族を「ゲルマン系」ないし「ゲルマン人」などと考える事は、その国や民族の歴史を単純化する事に繋がりかねない。こうした特定の民族集団を定義しない部分を踏まえて、「ゲルマニアの部族」(germanischen Stämme)と呼ぶ場合もある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11731 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59218224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --11-14
prop-ja:脚注の不足
  • --11-14
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲルマン人(ゲルマンじん、ドイツ語:Germanen、漢語:日耳曼人)は、現在のドイツ北部・デンマーク・スカンジナビア南部地帯に居住していたインド・ヨーロッパ系を祖先としインド・ヨーロッパ語族 - ゲルマン語派その他に属する言語を話していたと推定される諸部族(≠民族)の事を指す。古代時代に地中海世界の近隣勢力として認識され、中世にローマ人(ラテン人)の文化やキリスト教文化との混合によってヨーロッパ世界を形成した。現代においては、ドイツ、オーストリア、スイス、ルクセンブルク、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、イングランド、フランデレン、アルザス、南ティロルなどがこの集団の系譜を引いていると認識される事が多い。しかし欧州大陸の長い歴史の中では様々な文化集団の離合集散が繰り返されており、その連続性はあくまで限定的なものである。特定の国や民族を「ゲルマン系」ないし「ゲルマン人」などと考える事は、その国や民族の歴史を単純化する事に繋がりかねない。こうした特定の民族集団を定義しない部分を踏まえて、「ゲルマニアの部族」(germanischen Stämme)と呼ぶ場合もある。
rdfs:label
  • ゲルマン人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:related of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of