Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲルマニア(ドイツ語: Germania)は、ドイツ国家またはドイツ民族全体を擬人化した像である。主に、19世紀のロマン主義の時代、あるいは自由主義や統一ドイツへの希求が高まった1848年革命の時代によく描かれたが、後のドイツ帝国の時代にも使われることがあった。ゲルマニアは通常、カール大帝が所有した「ジュワユーズ」という名の剣を帯びている。また神聖ローマ帝国の帝冠を持っていたり、頭にかぶっていたりすることもある。身体には甲冑をまとい、赤みを帯びたブロンドの長い髪をなびかせ、金の地に黒い鷲の紋章をあしらった中世の盾を構えた姿で描かれることもある。1871年のドイツ統一以前の図像では、ゲルマニアは自由主義の象徴であった黒・赤・金のドイツの旗を掲げていた。1871年にドイツ帝国が成立した後の図像では、黒・白・赤のドイツ帝国の国旗を掲げている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2055654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55444020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --04-19
prop-ja:独自研究
  • --04-19
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲルマニア(ドイツ語: Germania)は、ドイツ国家またはドイツ民族全体を擬人化した像である。主に、19世紀のロマン主義の時代、あるいは自由主義や統一ドイツへの希求が高まった1848年革命の時代によく描かれたが、後のドイツ帝国の時代にも使われることがあった。ゲルマニアは通常、カール大帝が所有した「ジュワユーズ」という名の剣を帯びている。また神聖ローマ帝国の帝冠を持っていたり、頭にかぶっていたりすることもある。身体には甲冑をまとい、赤みを帯びたブロンドの長い髪をなびかせ、金の地に黒い鷲の紋章をあしらった中世の盾を構えた姿で描かれることもある。1871年のドイツ統一以前の図像では、ゲルマニアは自由主義の象徴であった黒・赤・金のドイツの旗を掲げていた。1871年にドイツ帝国が成立した後の図像では、黒・白・赤のドイツ帝国の国旗を掲げている。
rdfs:label
  • ゲルマニア (擬人化)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of