Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲディミナス家ではリトアニア大公ゲディミナス(1275年–1341年)の兄弟姉妹、息子、孫について解説する。ゲディミナス朝は1316年(もしくは1285年)から1572年までリトアニア大公国を支配し、最終的にはバルト海から黒海まで領土を拡大した。ゲディミナスの起源は明らかではないが、最近の研究では、他では余り知られていないスカルマンタスがゲディミナスの祖父あるいは父であり、王朝の土台を築いたと主張されている 。何故ならば兄弟姉妹がいないスカルマンタスの有名な息子であるゲディミナスは少なくとも12人の息子の父親であり、自らの兄弟姉妹に主権を有利に確立させたからである。ゲディミナスの外交手段は良く知られ、ゲディミナスは己の外交政策に合うように息子の婚姻を手配した。ゲディミナスの息子はリトアニア大公国内のリトアニア人の力を高め、他方、娘は今日のロシア、ウクライナ、ポーランドの支配者との同盟強化を築いた。ゲディミナスの息子達の関係は、1345年に兄弟のアルギルダスとケーストゥティスに廃位されたヤヴーヌティスを例外として次第に協調的になった。この2人の兄弟は称賛されるべき平和的な共同統治の例とされている。しかしながら、ゲディミナスの孫や子孫は15世紀まで権力闘争を続けた。ゲディミナスの孫はリトアニアのキリスト教への改宗を実施し、ポーランドとの最初の合同を行った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1668688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57829572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲディミナス家ではリトアニア大公ゲディミナス(1275年–1341年)の兄弟姉妹、息子、孫について解説する。ゲディミナス朝は1316年(もしくは1285年)から1572年までリトアニア大公国を支配し、最終的にはバルト海から黒海まで領土を拡大した。ゲディミナスの起源は明らかではないが、最近の研究では、他では余り知られていないスカルマンタスがゲディミナスの祖父あるいは父であり、王朝の土台を築いたと主張されている 。何故ならば兄弟姉妹がいないスカルマンタスの有名な息子であるゲディミナスは少なくとも12人の息子の父親であり、自らの兄弟姉妹に主権を有利に確立させたからである。ゲディミナスの外交手段は良く知られ、ゲディミナスは己の外交政策に合うように息子の婚姻を手配した。ゲディミナスの息子はリトアニア大公国内のリトアニア人の力を高め、他方、娘は今日のロシア、ウクライナ、ポーランドの支配者との同盟強化を築いた。ゲディミナスの息子達の関係は、1345年に兄弟のアルギルダスとケーストゥティスに廃位されたヤヴーヌティスを例外として次第に協調的になった。この2人の兄弟は称賛されるべき平和的な共同統治の例とされている。しかしながら、ゲディミナスの孫や子孫は15世紀まで権力闘争を続けた。ゲディミナスの孫はリトアニアのキリスト教への改宗を実施し、ポーランドとの最初の合同を行った。
rdfs:label
  • ゲディミナス家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of