Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲオルゲ・クク(ルーマニア語: Gheorghe Cucu、1882年 ヴァスルイ県プイェシュティ・トゥルグ(Pueşti-Tîrg、現・プイェシュティ) - 1932年8月24日 ブクレシュティ)は、ルーマニアの作曲家。ルーマニアの合唱分野のクラシック音楽に特に業績を残した。その音楽性は、非対称なリズム、教会旋法の使用、伝統的な聖歌に基づいていることに特徴付けられる。正教会の聖歌も作曲した。代表作品に『聖金口イオアン聖体礼儀』がある。正教会の聖歌は無伴奏声楽が原則であり、この作品も無伴奏声楽となっている。ククはルーマニア人であり、この聖歌作品もルーマニア語で作曲されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1988761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 943 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47512721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲオルゲ・クク(ルーマニア語: Gheorghe Cucu、1882年 ヴァスルイ県プイェシュティ・トゥルグ(Pueşti-Tîrg、現・プイェシュティ) - 1932年8月24日 ブクレシュティ)は、ルーマニアの作曲家。ルーマニアの合唱分野のクラシック音楽に特に業績を残した。その音楽性は、非対称なリズム、教会旋法の使用、伝統的な聖歌に基づいていることに特徴付けられる。正教会の聖歌も作曲した。代表作品に『聖金口イオアン聖体礼儀』がある。正教会の聖歌は無伴奏声楽が原則であり、この作品も無伴奏声楽となっている。ククはルーマニア人であり、この聖歌作品もルーマニア語で作曲されている。
rdfs:label
  • ゲオルゲ・クク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of