Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲオルク・ヴィルヘルム(Georg Wilhelm, 1595年11月13日、ケルン(Cölln、現ベルリン市内) - 1640年12月1日、ケーニヒスベルク)は、プロイセン公及びブランデンブルク選帝侯(在位:1619年11月3日 - 1640年12月1日)。決断力に乏しい君主で、三十年戦争の混乱の中で内部に不一致を抱えてカトリックとプロテスタントの両陣営を往復し、双方の軍にブランデンブルクを荒らされた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 152990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58909690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-10
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1640年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲオルク・ヴィルヘルム(Georg Wilhelm, 1595年11月13日、ケルン(Cölln、現ベルリン市内) - 1640年12月1日、ケーニヒスベルク)は、プロイセン公及びブランデンブルク選帝侯(在位:1619年11月3日 - 1640年12月1日)。決断力に乏しい君主で、三十年戦争の混乱の中で内部に不一致を抱えてカトリックとプロテスタントの両陣営を往復し、双方の軍にブランデンブルクを荒らされた。
rdfs:label
  • ゲオルク・ヴィルヘルム (ブランデンブルク選帝侯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of