Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲオルギオス1世(Ελληνικά: Γεώργιος Α΄ της Ελλάδας, ラテン文字転写: Geórgios Aʹ, Vasiléfs tis Ellínon、1845年12月24日 - 1913年3月18日)は、ギリシャの国王(在位:1863年3月30日 - 1913年3月18日)。元々はデンマーク王子だったが、1863年に議会で初代国王オソン1世の廃位と、自身の即位が可決されると、イギリスやフランス、ロシアなど列強諸国の支援もあって、17歳の若さで王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教であるルーテル教会からギリシャ正教会に改宗した。王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は一院制議会を施行し、ギリシャが立憲君主制国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、1920年に実現することとなった。一方で、1864年にはイオニア諸島、1881年にはテッサリア、1912年にはマケドニア・イピロス・テッサロニキ、1913年にはクレタ島を獲得した。しかし、ギリシャの領土獲得の為には手段を選ばないかのような発言を繰り返して周辺諸国の反発を買い、第一次バルカン戦争中の1913年に、前年オスマン帝国から奪還したテッサロニキを訪問した際、暗殺された。没後、1954年から発行されていた10ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 307962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12826 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57728248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --09-05
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • George I of Greece signature.svg
prop-ja:ソートキー
  • 人1913年没
prop-ja:人名
  • ゲオルギオス1世
prop-ja:全名
  • クリスティアン・ヴィルヘルム・フェルディナント・アドルフ・ゲオルク
  • クリスティアノス・グリエルモス・フェルディナドス・アドルフォス・ゲオルギオス
prop-ja:出生日
  • 1845-12-24 (xsd:date)
prop-ja:君主号
  • ギリシャ国王
prop-ja:在位
  • --03-30
prop-ja:埋葬日
  • 、アッティカ、タトイ宮殿
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
  • キリスト教ルーテル教会→正教会
prop-ja:戴冠日
  • --10-31
prop-ja:死亡日
  • 1913-03-18 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、テッサロニキ
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:生地
  • 、コペンハーゲン
prop-ja:画像
  • King George of Hellenes.jpg
prop-ja:画像説明
  • ゲオルギオス1世
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲオルギオス1世(Ελληνικά: Γεώργιος Α΄ της Ελλάδας, ラテン文字転写: Geórgios Aʹ, Vasiléfs tis Ellínon、1845年12月24日 - 1913年3月18日)は、ギリシャの国王(在位:1863年3月30日 - 1913年3月18日)。元々はデンマーク王子だったが、1863年に議会で初代国王オソン1世の廃位と、自身の即位が可決されると、イギリスやフランス、ロシアなど列強諸国の支援もあって、17歳の若さで王位に就いた。これに伴い、デンマークの国教であるルーテル教会からギリシャ正教会に改宗した。王位に就いた当時は、ギリシャは後進国の位置に甘んじており、このような同国の問題点の解決に努めた。ゲオルギオス1世は一院制議会を施行し、ギリシャが立憲君主制国家であることを宣布し、経済面に力点を置いた近代化を志向した。中でも特に力を注いだ農村環境の改善は、1920年に実現することとなった。一方で、1864年にはイオニア諸島、1881年にはテッサリア、1912年にはマケドニア・イピロス・テッサロニキ、1913年にはクレタ島を獲得した。しかし、ギリシャの領土獲得の為には手段を選ばないかのような発言を繰り返して周辺諸国の反発を買い、第一次バルカン戦争中の1913年に、前年オスマン帝国から奪還したテッサロニキを訪問した際、暗殺された。没後、1954年から発行されていた10ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。
rdfs:label
  • ゲオルギオス1世 (ギリシャ王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:著名な人物 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:開会宣言 of
is foaf:primaryTopic of