Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲエズ文字(ゲエズもじ、アムハラ語:ፊደል)は、かつてゲエズ語を表記するために生み出され、現在はアムハラ語をはじめとするエチオピアの諸言語の表記に用いられる文字である。ゲーズ文字、アムハラ文字、エチオピア文字とも呼ばれる。無文字社会だったサブサハラアフリカでは極めて古い歴史を持つ。アブジャドである南アラビア文字から派生したアブギダである。ひとつの文字がひとつの音節を表すことが多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 875445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57472251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:fam
prop-ja:iso
  • Ethi
prop-ja:languages
  • エチオピアのセム語 、ブリン語、メエン語、かつてのオロモ語
prop-ja:name
  • ゲエズ文字
prop-ja:time
  • 紀元前5世紀-6世紀半ばから現在まで
prop-ja:type
prop-ja:typedesc
  • (紀元後330年頃まではアブジャド)
prop-ja:unicode
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲエズ文字(ゲエズもじ、アムハラ語:ፊደል)は、かつてゲエズ語を表記するために生み出され、現在はアムハラ語をはじめとするエチオピアの諸言語の表記に用いられる文字である。ゲーズ文字、アムハラ文字、エチオピア文字とも呼ばれる。無文字社会だったサブサハラアフリカでは極めて古い歴史を持つ。アブジャドである南アラビア文字から派生したアブギダである。ひとつの文字がひとつの音節を表すことが多い。
rdfs:label
  • ゲエズ文字
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:children of
is prop-ja:script of
is foaf:primaryTopic of