Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ゲイリー・ノース(Gary Kilgore North、1942年 - )は、アメリカ合衆国の経済史家、神学者、歴史学者。カリフォルニア州に生まれる。ウェストミンスター神学校で学び、カリフォルニア州立大学博士号(歴史学)。ニューイングランドのピューリタンの経済史が専門である。キリスト教再建主義の父ラッシュドゥーニーは義理の父であり、彼自身も再建主義者である。ゲイリー・ノースの著書の中ではじめて日本語に訳された『中絶救助隊』では、国の法律に反してでも、中絶による殺人から胎児の生命を助ける活動への、聖書的な根拠をあたえている。教会史の中からは、紀元150年代のローマで棄てられた乳児を法律に逆らって助け、クリスチャンを迫害する298年のディオクレティアヌス帝の法律に逆らって聖書を守り、20世紀にはクリスチャンがナチス・ドイツの法律に逆らってユダヤ人の生命を助けた例をあげている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2047662 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54957687 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ゲイリー・ノース(Gary Kilgore North、1942年 - )は、アメリカ合衆国の経済史家、神学者、歴史学者。カリフォルニア州に生まれる。ウェストミンスター神学校で学び、カリフォルニア州立大学博士号(歴史学)。ニューイングランドのピューリタンの経済史が専門である。キリスト教再建主義の父ラッシュドゥーニーは義理の父であり、彼自身も再建主義者である。ゲイリー・ノースの著書の中ではじめて日本語に訳された『中絶救助隊』では、国の法律に反してでも、中絶による殺人から胎児の生命を助ける活動への、聖書的な根拠をあたえている。教会史の中からは、紀元150年代のローマで棄てられた乳児を法律に逆らって助け、クリスチャンを迫害する298年のディオクレティアヌス帝の法律に逆らって聖書を守り、20世紀にはクリスチャンがナチス・ドイツの法律に逆らってユダヤ人の生命を助けた例をあげている。
rdfs:label
  • ゲイリー・ノース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of