Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケール(古希: Κήρ, Kēr)は、ギリシア神話に登場する女神あるいは悪霊である。複数おり、複数形はケーレス(古希: Κῆρες, Kēres)。『イーリアス』では、戦場で死をもたらす悪霊。翼を持ち、黒色で、長い歯と爪が長く、死体の血を吸う。ヘーシオドスによれば、夜の女神ニュクスの娘で、タナトス、ヒュプノス、モイライの姉妹。北欧神話のワルキューレと共通点が見られるが、大きな違いとして、ケールは常に悪いイメージで語られる。ケールという語は、運命の意味でも使われる。アキレウスは、武勲に輝く短いケールと、故郷に帰る長く幸せなケールの選択を迫られた。また、死者の魂の意味でも使われる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1657402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 523 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54529690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケール(古希: Κήρ, Kēr)は、ギリシア神話に登場する女神あるいは悪霊である。複数おり、複数形はケーレス(古希: Κῆρες, Kēres)。『イーリアス』では、戦場で死をもたらす悪霊。翼を持ち、黒色で、長い歯と爪が長く、死体の血を吸う。ヘーシオドスによれば、夜の女神ニュクスの娘で、タナトス、ヒュプノス、モイライの姉妹。北欧神話のワルキューレと共通点が見られるが、大きな違いとして、ケールは常に悪いイメージで語られる。ケールという語は、運命の意味でも使われる。アキレウスは、武勲に輝く短いケールと、故郷に帰る長く幸せなケールの選択を迫られた。また、死者の魂の意味でも使われる。
rdfs:label
  • ケール (ギリシア神話)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of