Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケント郡(英: Kent County)は、アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の西部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は602,622人であり、2000年の574,335人から4.9%増加した。郡庁所在地はグランドラピッズ市(人口188,040人)であり、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はオハイオ州と論争になったトレド戦争のときにミシガン準州の代表を務めたニューヨークの法学者ジェイムズ・ケントに因んで名付けられた。ケント郡はグランドラピッズ・ワイオミング大都市圏に属している。郡内にはスチールケース社があるなど、西ミシガンの経済と工業の中心である。また中西部の文化的な象徴でもあるフレデリック・メイエル庭園もある。伝統的に共和党の強い地盤であり、保守的な土壌にあるが、2008年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党大統領候補を支持した。これは1964年以来44年ぶりのこととなった。宗教面でも保守的であり、かなりの数の福音主義キリスト教徒がいる。郡内にジェラルド・R・フォード国際空港がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2680554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54537590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaLandSqMi
  • 856.170000 (xsd:double)
prop-ja:areaPercentage
  • 1.84
prop-ja:areaTotalSqMi
  • 872.180000 (xsd:double)
prop-ja:areaWaterSqMi
  • 16.010000 (xsd:double)
prop-ja:censusEstimateYr
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:centre
  • ケント郡
prop-ja:county
  • Kent County
prop-ja:countyJa
  • ケント郡
prop-ja:densityKm
  • 274.700000 (xsd:double)
prop-ja:district
  • 2 (xsd:integer)
  • 3.0
prop-ja:dstOffset
  • -4 (xsd:integer)
prop-ja:east
prop-ja:founded
  • 1831 (xsd:integer)
prop-ja:largestCityWl
  • グランドラピッズ
prop-ja:map
  • Map of Michigan highlighting Kent County.png
prop-ja:mapSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:north
prop-ja:northeast
prop-ja:northwest
prop-ja:pop
  • 602622 (xsd:integer)
prop-ja:seatWl
  • グランドラピッズ
prop-ja:southeast
prop-ja:southwest
prop-ja:state
  • Michigan
prop-ja:stateJa
  • ミシガン州
prop-ja:timeZone
  • Eastern
prop-ja:utcOffset
  • -5 (xsd:integer)
prop-ja:web
  • www.accesskent.com
prop-ja:west
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 43.03 -85.55
rdf:type
rdfs:comment
  • ケント郡(英: Kent County)は、アメリカ合衆国ミシガン州ロウアー半島の西部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は602,622人であり、2000年の574,335人から4.9%増加した。郡庁所在地はグランドラピッズ市(人口188,040人)であり、同郡で人口最大の都市でもある。郡名はオハイオ州と論争になったトレド戦争のときにミシガン準州の代表を務めたニューヨークの法学者ジェイムズ・ケントに因んで名付けられた。ケント郡はグランドラピッズ・ワイオミング大都市圏に属している。郡内にはスチールケース社があるなど、西ミシガンの経済と工業の中心である。また中西部の文化的な象徴でもあるフレデリック・メイエル庭園もある。伝統的に共和党の強い地盤であり、保守的な土壌にあるが、2008年アメリカ合衆国大統領選挙では民主党大統領候補を支持した。これは1964年以来44年ぶりのこととなった。宗教面でも保守的であり、かなりの数の福音主義キリスト教徒がいる。郡内にジェラルド・R・フォード国際空港がある。
rdfs:label
  • ケント郡 (ミシガン州)
owl:sameAs
geo:lat
  • 43.029999 (xsd:float)
geo:long
  • -85.550003 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:east of
is prop-ja:northeast of
is prop-ja:northwest of
is prop-ja:southeast of
is prop-ja:southwest of
is prop-ja:west of
is prop-ja:下位区分名 of
is foaf:primaryTopic of