Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケレスティヌス1世(ラテン語: Caelestinus IあるいはCoelestinus IあるいはCelestinus I; 432年7月26日没)はローマ教皇(第43代、在位:422年9月10日 - 432年7月26日)。『教皇の書』によれば、彼の教皇就任は11月3日である。しかし、Tillemontは就任を9月10日としている。日本のカトリック教会ではチェレスティノ1世とも表記される。ケレスティヌス1世はカンパニア出身のローマ人であった。父の名がプリスクスであった以外には彼の若いころについては何も知られていない。彼は一時期アンブロシウスとともにミラノに住んでいたとされる。知られている限り彼に関する最初の記録はインノケンティウス1世による416年の文書であり、その中で彼は「助祭ケレスティヌス」と呼ばれている。典礼の多くの要素が彼に帰されている(といっても主題の確かさは除く)。431年のエフェソス公会議(第3回公会議)に自身が出席することはなかったが代理人を派遣し、ネストリウス派排斥を支持した。この問題に関して431年3月15日にそれぞれアフリカ・イリュリア・テッサロニキ・ナルボンヌの司教達に向けて書かれた4通の書簡が他のいくつかの書簡と共にギリシア語に再翻訳された形で現存する; ラテン語原文は失われてしまった。ケレスティヌスは正統信仰を守るのに熱心でペラギウス主義者を排斥した。また、431年にパラディウス (アイルランドの司教)をアイルランドに司教として派遣した。聖パトリックは彼の後を継いで宣教したのである。翻ってローマではケレスティヌスはノヴァティアヌス派に強く反対した; この点に関してコンスタンティノープルのソクラテスが「このケレスティヌスがローマにおいてノヴァティアヌス派から教会から切り離しもし、ルスティクラとそれらの司教が私邸での会議に参加するよう定めた」と書いている。彼は前任者の定めたことに関して少しでも改革を行うことを拒絶するのに熱心であった。レランスのヴィンケンティウスは434年に次のように記録している:聖なる教皇ケレスティヌスは同様に同じ趣旨で自己を表した。ガリアの聖職者たちへあてた書簡でも、彼らが過ちを見て見ぬ振りしたことを責め、この沈黙したという点で彼らは古来からの信仰を守れておらず新たな汚れを生まれさせたと述べている: 「私たちは自身が沈黙によって過ちを励起したかどうかを当然責めることになる。それゆえに彼らを譴責しなさい。彼らの自由な説教を制限しなさい。」ケレスティヌスは432年7月26日に死去した。彼はサラリア街道沿いのサンタ・プリスチッラ共同墓地に埋葬されたが、彼の遺体はその後移葬され、現在ではサンタ・プラッセデ大聖堂に葬られている。ケレスティヌスは絵画においては鳩、ドラゴン、炎と共に描かれ、教会により聖人として記念されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 174350 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3890 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58503929 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:タイトル
  • 第43代ローマ教皇
prop-ja:先代
prop-ja:埋葬地
prop-ja:就任
  • --09-10
prop-ja:日本語名
  • ケレスティヌス1世
prop-ja:曖昧
  • ケレスティヌス
prop-ja:次代
prop-ja:没地
prop-ja:没年月日
  • --07-26
prop-ja:生地
prop-ja:生年月日
  • 380 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 父:プリスクス
prop-ja:離任
  • --07-26
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケレスティヌス1世(ラテン語: Caelestinus IあるいはCoelestinus IあるいはCelestinus I; 432年7月26日没)はローマ教皇(第43代、在位:422年9月10日 - 432年7月26日)。『教皇の書』によれば、彼の教皇就任は11月3日である。しかし、Tillemontは就任を9月10日としている。日本のカトリック教会ではチェレスティノ1世とも表記される。ケレスティヌス1世はカンパニア出身のローマ人であった。父の名がプリスクスであった以外には彼の若いころについては何も知られていない。彼は一時期アンブロシウスとともにミラノに住んでいたとされる。知られている限り彼に関する最初の記録はインノケンティウス1世による416年の文書であり、その中で彼は「助祭ケレスティヌス」と呼ばれている。典礼の多くの要素が彼に帰されている(といっても主題の確かさは除く)。431年のエフェソス公会議(第3回公会議)に自身が出席することはなかったが代理人を派遣し、ネストリウス派排斥を支持した。この問題に関して431年3月15日にそれぞれアフリカ・イリュリア・テッサロニキ・ナルボンヌの司教達に向けて書かれた4通の書簡が他のいくつかの書簡と共にギリシア語に再翻訳された形で現存する; ラテン語原文は失われてしまった。ケレスティヌスは正統信仰を守るのに熱心でペラギウス主義者を排斥した。また、431年にパラディウス (アイルランドの司教)をアイルランドに司教として派遣した。聖パトリックは彼の後を継いで宣教したのである。翻ってローマではケレスティヌスはノヴァティアヌス派に強く反対した; この点に関してコンスタンティノープルのソクラテスが「このケレスティヌスがローマにおいてノヴァティアヌス派から教会から切り離しもし、ルスティクラとそれらの司教が私邸での会議に参加するよう定めた」と書いている。彼は前任者の定めたことに関して少しでも改革を行うことを拒絶するのに熱心であった。レランスのヴィンケンティウスは434年に次のように記録している:聖なる教皇ケレスティヌスは同様に同じ趣旨で自己を表した。ガリアの聖職者たちへあてた書簡でも、彼らが過ちを見て見ぬ振りしたことを責め、この沈黙したという点で彼らは古来からの信仰を守れておらず新たな汚れを生まれさせたと述べている: 「私たちは自身が沈黙によって過ちを励起したかどうかを当然責めることになる。それゆえに彼らを譴責しなさい。彼らの自由な説教を制限しなさい。」ケレスティヌスは432年7月26日に死去した。彼はサラリア街道沿いのサンタ・プリスチッラ共同墓地に埋葬されたが、彼の遺体はその後移葬され、現在ではサンタ・プラッセデ大聖堂に葬られている。ケレスティヌスは絵画においては鳩、ドラゴン、炎と共に描かれ、教会により聖人として記念されている。
rdfs:label
  • ケレスティヌス1世 (ローマ教皇)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of