ケルビン(英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。

Property Value
dbo:abstract
  • ケルビン(英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。 (ja)
  • ケルビン(英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 6938 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14509 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79872889 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
  • SI (ja)
  • SI (ja)
prop-ja:名称
  • ケルビン (ja)
  • ケルビン (ja)
prop-ja:定義
  • ボルツマン定数を J/K とすることによって定まる温度 (ja)
  • ボルツマン定数を J/K とすることによって定まる温度 (ja)
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 標準大気圧下での水の沸点と氷点の温度差の 100 分の 1 (ja)
  • 標準大気圧下での水の沸点と氷点の温度差の 100 分の 1 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:英字
  • kelvin (ja)
  • kelvin (ja)
prop-ja:記号
  • K (ja)
  • K (ja)
prop-ja:語源
dct:subject
rdfs:comment
  • ケルビン(英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。 (ja)
  • ケルビン(英語: kelvin, 記号: K)は、熱力学温度(絶対温度)の単位である。国際単位系 (SI) において基本単位の一つとして位置づけられている。 ケルビンの名は、イギリスの物理学者で、絶対温度目盛りの必要性を説いたケルビン卿ウィリアム・トムソンにちなんで付けられた。なお、ケルビン卿の通称は彼が研究生活を送ったグラスゴーにあるから取られている。 (ja)
rdfs:label
  • ケルビン (ja)
  • ケルビン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:si of
is prop-ja:表面温度 of
is foaf:primaryTopic of