Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケルスターバッハ (Kelsterbach) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州グロース=ゲーラウ郡に属す市である。フランクフルト・アム・マイン南西のマイン川蛇行部左岸に位置する。同名の小川ケルスター川がマイン川に合流する。元々は主に農業の村であったが、20世紀の初めに鉄道フランクフルト - マインツ線が建設されて以降、急速に変貌した。大企業が定住し、近隣のヘーヒスト・アム・マインやグリースハイムの化学工場への通勤者で人口は増加した。第二次世界大戦後の数十年で、近くに位置するフランクフルト国際空港に関連した企業が数多く進出している。この街は流通業や化学産業にとって重要な街である。この街は1952年に市に昇格した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2759942 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56908554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケルスターバッハ (Kelsterbach) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州グロース=ゲーラウ郡に属す市である。フランクフルト・アム・マイン南西のマイン川蛇行部左岸に位置する。同名の小川ケルスター川がマイン川に合流する。元々は主に農業の村であったが、20世紀の初めに鉄道フランクフルト - マインツ線が建設されて以降、急速に変貌した。大企業が定住し、近隣のヘーヒスト・アム・マインやグリースハイムの化学工場への通勤者で人口は増加した。第二次世界大戦後の数十年で、近くに位置するフランクフルト国際空港に関連した企業が数多く進出している。この街は流通業や化学産業にとって重要な街である。この街は1952年に市に昇格した。
rdfs:label
  • ケルスターバッハ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of