Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケビン・カレン(Kevin Curren, 1958年3月2日 - )は、南アフリカ・ダーバン出身の男子プロテニス選手。1984年の全豪オープンと1985年のウィンブルドンで、4大大会男子シングルスに2度の準優勝がある。ダブルスでは、1982年の全米オープン男子ダブルスでスティーブ・デントン(アメリカ)と組んで優勝し、混合ダブルスではアン・スミス(アメリカ)とのペアで3勝を獲得した。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス26勝を挙げた。身長185cm、体重77kg、右利き。1979年にプロ入り。1981年に地元南アフリカ・ヨハネスブルグの大会でツアー初優勝を果たす。1984年の全豪オープンで、カレンはマッツ・ビランデルとの決勝戦まで勝ち上がった。当時の全豪オープンは、年末の12月に開催されていた。同大会では1981年と1982年に、南アフリカ出身のテニス選手としてヨハン・クリーク(年齢もカレンと同じ年)が大会2連覇を果たしていた。カレンはクリークに続く快挙を狙ったが、ビランデルに 7-6, 4-6, 6-7, 2-6 で敗れ、このスウェーデン人選手の大会2連覇を阻止できなかった。カレンの名前が最も記憶されている場面は、何と言っても1985年のウィンブルドン男子シングルス決勝戦である。大会第8シードだったカレンは、上位シード選手を立て続けに破って勝ち進み、まず4回戦でステファン・エドベリ、準々決勝では第1シードのジョン・マッケンロー、そして準決勝ではベテランのジミー・コナーズを破って自身2度目の4大大会決勝進出を果たした。その決勝戦では、世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がった西ドイツのボリス・ベッカーと対戦することになった。ところが、カレンはこの試合でベッカーの勢いに飲み込まれてしまい、3-6, 7-6, 6-7, 4-6 のスコアで敗れてしまった。勝者となったベッカーは「17歳7ヶ月」の大会最年少優勝記録を樹立し、それを契機に西ドイツのスーパースターとなる。カレンはベッカーの出発点を見守る役に回ってしまい、とうとう4大大会の男子シングルスで優勝できずに終わった。カレンの最後の4大大会出場は1992年全米オープンで、7年前に苦杯をなめたベッカーに1回戦で敗退している。1993年3月に出身地の南アフリカ・ダーバンの大会での初戦敗退を最後に、カレンは35歳で現役を退いた。最近のカレンは、同じ年のライバルであったヨハン・クリークとダブルスでペアを組み、ウィンブルドンの「45歳以上の選手による男子ダブルス」部門で3連覇を果たしている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 475865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57921319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 57.0
prop-ja:name
  • ケビン・カレン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 準優勝(1985)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • ベスト4(1982・83)
prop-ja:シングルス
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス最高
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:シングルス通算
  • 338 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス最高
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス通算
  • 430 (xsd:integer)
prop-ja:ツアー通算
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:デビュー年
  • 1979 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 77.0
prop-ja:全仏オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • ベスト8(1984)
prop-ja:全米オープン
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1982)
prop-ja:全豪オープン
  • 準優勝(1984)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • ベスト4(1981)
prop-ja:出身地
  • 南アフリカ・ダーバン
prop-ja:利き手
prop-ja:居住地
  • アメリカ・テキサス州
prop-ja:引退年
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:生涯通算成績
  • 768 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1958-03-02 (xsd:date)
prop-ja:身長
  • 185.0
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ケビン・カレン
prop-ja:選手名(英語)_
  • Kevin Curren
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケビン・カレン(Kevin Curren, 1958年3月2日 - )は、南アフリカ・ダーバン出身の男子プロテニス選手。1984年の全豪オープンと1985年のウィンブルドンで、4大大会男子シングルスに2度の準優勝がある。ダブルスでは、1982年の全米オープン男子ダブルスでスティーブ・デントン(アメリカ)と組んで優勝し、混合ダブルスではアン・スミス(アメリカ)とのペアで3勝を獲得した。自己最高ランキングはシングルス5位、ダブルス3位。ATPツアーでシングルス5勝、ダブルス26勝を挙げた。身長185cm、体重77kg、右利き。1979年にプロ入り。1981年に地元南アフリカ・ヨハネスブルグの大会でツアー初優勝を果たす。1984年の全豪オープンで、カレンはマッツ・ビランデルとの決勝戦まで勝ち上がった。当時の全豪オープンは、年末の12月に開催されていた。同大会では1981年と1982年に、南アフリカ出身のテニス選手としてヨハン・クリーク(年齢もカレンと同じ年)が大会2連覇を果たしていた。カレンはクリークに続く快挙を狙ったが、ビランデルに 7-6, 4-6, 6-7, 2-6 で敗れ、このスウェーデン人選手の大会2連覇を阻止できなかった。カレンの名前が最も記憶されている場面は、何と言っても1985年のウィンブルドン男子シングルス決勝戦である。大会第8シードだったカレンは、上位シード選手を立て続けに破って勝ち進み、まず4回戦でステファン・エドベリ、準々決勝では第1シードのジョン・マッケンロー、そして準決勝ではベテランのジミー・コナーズを破って自身2度目の4大大会決勝進出を果たした。その決勝戦では、世界ランキング38位のノーシードから勝ち上がった西ドイツのボリス・ベッカーと対戦することになった。ところが、カレンはこの試合でベッカーの勢いに飲み込まれてしまい、3-6, 7-6, 6-7, 4-6 のスコアで敗れてしまった。勝者となったベッカーは「17歳7ヶ月」の大会最年少優勝記録を樹立し、それを契機に西ドイツのスーパースターとなる。カレンはベッカーの出発点を見守る役に回ってしまい、とうとう4大大会の男子シングルスで優勝できずに終わった。カレンの最後の4大大会出場は1992年全米オープンで、7年前に苦杯をなめたベッカーに1回戦で敗退している。1993年3月に出身地の南アフリカ・ダーバンの大会での初戦敗退を最後に、カレンは35歳で現役を退いた。最近のカレンは、同じ年のライバルであったヨハン・クリークとダブルスでペアを組み、ウィンブルドンの「45歳以上の選手による男子ダブルス」部門で3連覇を果たしている。
rdfs:label
  • ケビン・カレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of