Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケバ図(ケバず)とは、等高線に直角に楔形の「ケバ」を描くことによって、地形の起伏を表した地形図。傾斜が急である(等高線の間隔が狭い)ときは「ケバ」を太く短く描き、傾斜が緩やかである(等高線の間隔が広い)ときは「ケバ」を細く長く描くことで、長短と濃淡によって視覚的に立体感をもって地形を捉えることができる。他に、等高線による地形表現を見やすくする手法として段彩図、点描図などがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2413434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 8 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49586718 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケバ図(ケバず)とは、等高線に直角に楔形の「ケバ」を描くことによって、地形の起伏を表した地形図。傾斜が急である(等高線の間隔が狭い)ときは「ケバ」を太く短く描き、傾斜が緩やかである(等高線の間隔が広い)ときは「ケバ」を細く長く描くことで、長短と濃淡によって視覚的に立体感をもって地形を捉えることができる。他に、等高線による地形表現を見やすくする手法として段彩図、点描図などがある。
rdfs:label
  • ケバ図
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of