Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケネディ宇宙センター第39複合発射施設(ケネディうちゅうセンターだい39ふくごうはっしゃしせつ、英語: Launch Complex 39、略称:LC-39)は、アメリカ合衆国フロリダ州メリット島にあるケネディ宇宙センター内のロケット発射場である。発射場および施設群は、本来はアポロ計画のために建設され、後にスペースシャトル計画での運用に対応する為の改修が施された。そして、2015年現在、スペースX社のファルコン9とファルコンヘビー、およびスペース・ローンチ・システム (SLS) の打ち上げと運用に向けて、さらなる改修が進行中である。LC-39は、39A、39B、39Cの3基の発射台およびビークル組立棟 (VAB)、クローラーウェイ(クローラー・トランスポーターがモバイル・ランチャー・プラットフォームを輸送するために敷かれたVABと発射台の間の運搬路)、オービタ整備施設 (OPF)、発射管制センター(ファイアリングルームを含む)、プレスサイト(テレビ放送や写真撮影で象徴的に映されるカウントダウン時計を併設する記者席)に加え、様々な補給拠点等、打ち上げを支援する関連施設から構成されている。スペースX社は39A発射台をNASAからリースして、早ければ2015年にも行われるファルコンヘビーの打ち上げに対応するため、2014年に発射台を改修する予定である。NASAはコンステレーション計画のために、2007年から39B発射台の改修を始めていたが、2010年に同計画が中止となった為、現在は2017年に最初の打ち上げが予定されているスペース・ローンチ・システムへの準備に切り替えた。LC-39からの打ち上げは、慣習的に発射台から約3マイル (4.8 km)離れた場所に位置する発射管制センター (LCC) から管制が行われてきたが、スペースX社が2015年に始まる打ち上げにLCCを使うのかどうかは不透明である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1377434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58930842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ロケット
  • スペースシャトル
  • スペース・ローンチ・システム(予定)
  • アレスI-X
  • サターンIB
  • サターンV
  • ファルコン9 v1.1(予定)
  • ファルコンヘビー(予定)
prop-ja:傾斜角
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:
  • --05-18
  • --11-09
  • (サターンV / アポロ10号)
  • (サターンV / アポロ4号)
  • 未決定
prop-ja:名称
  • ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
prop-ja:基地
prop-ja:打ち上げ回数
  • 0 (xsd:integer)
  • 59 (xsd:integer)
  • 92 (xsd:integer)
  • アレスI-X 1回)
  • サターンIB 4回、
  • スペースシャトル 53回、
  • スペースシャトル 80回)
  • (サターンV 12回、
  • (サターンV 1回、
prop-ja:最終
  • --07-08
  • --10-28
  • (スペースシャトル アトランティス / STS-135)
  • (アレスI-X)
prop-ja:状態
  • 2015 (xsd:integer)
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • VAB_Aerial_-_GPN-2000-000869.jpg
prop-ja:画像説明
  • 上空から見た第39複合発射施設
prop-ja:略称
  • LC-39
prop-ja:発射台
  • LC-39A
  • LC-39B
  • LC-39C
prop-ja:発射台数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:総発射数
  • 153 (xsd:integer)
  • アレスI-X 1回)
  • サターンIB 4回、
  • スペースシャトル 135回、
  • (サターンV 13回、
prop-ja:運営者
  • NASA
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケネディ宇宙センター第39複合発射施設(ケネディうちゅうセンターだい39ふくごうはっしゃしせつ、英語: Launch Complex 39、略称:LC-39)は、アメリカ合衆国フロリダ州メリット島にあるケネディ宇宙センター内のロケット発射場である。発射場および施設群は、本来はアポロ計画のために建設され、後にスペースシャトル計画での運用に対応する為の改修が施された。そして、2015年現在、スペースX社のファルコン9とファルコンヘビー、およびスペース・ローンチ・システム (SLS) の打ち上げと運用に向けて、さらなる改修が進行中である。LC-39は、39A、39B、39Cの3基の発射台およびビークル組立棟 (VAB)、クローラーウェイ(クローラー・トランスポーターがモバイル・ランチャー・プラットフォームを輸送するために敷かれたVABと発射台の間の運搬路)、オービタ整備施設 (OPF)、発射管制センター(ファイアリングルームを含む)、プレスサイト(テレビ放送や写真撮影で象徴的に映されるカウントダウン時計を併設する記者席)に加え、様々な補給拠点等、打ち上げを支援する関連施設から構成されている。スペースX社は39A発射台をNASAからリースして、早ければ2015年にも行われるファルコンヘビーの打ち上げに対応するため、2014年に発射台を改修する予定である。NASAはコンステレーション計画のために、2007年から39B発射台の改修を始めていたが、2010年に同計画が中止となった為、現在は2017年に最初の打ち上げが予定されているスペース・ローンチ・システムへの準備に切り替えた。LC-39からの打ち上げは、慣習的に発射台から約3マイル (4.8 km)離れた場所に位置する発射管制センター (LCC) から管制が行われてきたが、スペースX社が2015年に始まる打ち上げにLCCを使うのかどうかは不透明である。
rdfs:label
  • ケネディ宇宙センター第39複合発射施設
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:launchPad of
is prop-ja:launchSite of
is prop-ja:launchsite of
is prop-ja:sites of
is foaf:primaryTopic of