Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケネス・リー・"ケニー"・ロバーツ・ジュニア(Kenneth Lee (Kenny) Roberts Junior, 1973年7月25日 - )は、アメリカ出身のオートバイ・ロードレースライダー。2000年ロードレース世界選手権GP500チャンピオン。1978年から3年連続で同クラスチャンピオンになったケニー・ロバーツの長男。弟のカーティス・ロバーツも元GPライダー。250ccからチーム・ロバーツの時代は特別目立つ成績は挙げられなかったが、1999年スズキへ移籍するとマレーシアGP、日本GPと開幕2連勝。RGV-γと自分のライディングの相性の良さもあいまって4勝を挙げ、年間ランキングも2位と躍進しトップライダーの仲間入りをする。翌2000年は4勝、表彰台9回と安定した走りを見せ、リタイアの多いロッシ、ビアッジ、マッコイらを押さえ年間王者に輝く。親子2代の王者はGP史上初。その後はロッシの台頭、500ccから4スト990ccへのレギュレーション変更もあって成績も徐々に低迷。2006年、チーム・ロバーツに復帰。ホンダエンジンを載せたオリジナルマシンKR211Vでのエントリーとなるがたびたび上位を賑わせ、ポルトガルGPでは一時トップを走行するなど久しぶりに輝きを見せる。990ccから800ccにレギュレーション変更となった翌2007年は800ccマシンのセッティングに苦しみまたもや低迷。シーズン途中で弟のカーティスにシートを明け渡し、そのまま引退となった。エントリーネームはGPデビューから1998年までは「ケニー・ロバーツJr.」。スズキ移籍を機に「Jr.」を外して「ケニー・ロバーツ」でエントリーしていたが、2006年に父親が率いる「チームKR」に移籍したのを機に再び「ケニー・ロバーツJr.」にエントリーネームを戻した。礼儀正しい性格。表彰台の後のインタビューは「気をつけ」の姿勢で受ける。2006年のドイツGP決勝で自分の転倒に玉田誠を巻き込んでしまったが、あわてて駆け寄り、痛みに耐える玉田に「タマダサーン、モンダイナイデスカ?」とカタコトの日本語で詫びを入れ続ける姿が全世界に放送された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 413658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58360086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 2003 (xsd:integer)
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:チャンピオン
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:チーム
  • ヤマハ、モデナス、スズキ、チームKR
prop-ja:ファステストラップ回数
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション回数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:レース数
  • 185 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:初グランプリ
prop-ja:初勝利
  • 1999 (xsd:integer)
  • マレーシアGP
prop-ja:国籍
prop-ja:最終グランプリ
prop-ja:最終勝利
prop-ja:氏名
  • ケニー・ロバーツ・ジュニア
prop-ja:活動期間
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:表彰台回数
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 1210 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケネス・リー・"ケニー"・ロバーツ・ジュニア(Kenneth Lee (Kenny) Roberts Junior, 1973年7月25日 - )は、アメリカ出身のオートバイ・ロードレースライダー。2000年ロードレース世界選手権GP500チャンピオン。1978年から3年連続で同クラスチャンピオンになったケニー・ロバーツの長男。弟のカーティス・ロバーツも元GPライダー。250ccからチーム・ロバーツの時代は特別目立つ成績は挙げられなかったが、1999年スズキへ移籍するとマレーシアGP、日本GPと開幕2連勝。RGV-γと自分のライディングの相性の良さもあいまって4勝を挙げ、年間ランキングも2位と躍進しトップライダーの仲間入りをする。翌2000年は4勝、表彰台9回と安定した走りを見せ、リタイアの多いロッシ、ビアッジ、マッコイらを押さえ年間王者に輝く。親子2代の王者はGP史上初。その後はロッシの台頭、500ccから4スト990ccへのレギュレーション変更もあって成績も徐々に低迷。2006年、チーム・ロバーツに復帰。ホンダエンジンを載せたオリジナルマシンKR211Vでのエントリーとなるがたびたび上位を賑わせ、ポルトガルGPでは一時トップを走行するなど久しぶりに輝きを見せる。990ccから800ccにレギュレーション変更となった翌2007年は800ccマシンのセッティングに苦しみまたもや低迷。シーズン途中で弟のカーティスにシートを明け渡し、そのまま引退となった。エントリーネームはGPデビューから1998年までは「ケニー・ロバーツJr.」。スズキ移籍を機に「Jr.」を外して「ケニー・ロバーツ」でエントリーしていたが、2006年に父親が率いる「チームKR」に移籍したのを機に再び「ケニー・ロバーツJr.」にエントリーネームを戻した。礼儀正しい性格。表彰台の後のインタビューは「気をつけ」の姿勢で受ける。2006年のドイツGP決勝で自分の転倒に玉田誠を巻き込んでしまったが、あわてて駆け寄り、痛みに耐える玉田に「タマダサーン、モンダイナイデスカ?」とカタコトの日本語で詫びを入れ続ける姿が全世界に放送された。
rdfs:label
  • ケニー・ロバーツ・ジュニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fastRiderMotogp of
is prop-ja:poleRiderMotogp of
is prop-ja:secondRiderMotogp of
is prop-ja:thirdRiderMotogp of
is foaf:primaryTopic of