Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ケイ素(ケイそ、珪素、硅素、英: silicon、羅: silicium)は、原子番号 14 の元素である。元素記号は Si。原子量は 28.1。「珪素」「硅素」「シリコン」とも表記・呼称される。地球の主要な構成元素のひとつ。半導体部品は非常に重要な用途である。地殻中に大量に存在するため鉱物の構成要素として重要であり、ケイ酸塩鉱物として大きなグループを形成している。これには Si-O-Si 結合の多様性を反映したさまざまな鉱物が含まれている。しかしながら生物とのかかわりは薄く、知られているのは、放散虫・珪藻・シダ植物・イネ科植物などにおいて二酸化ケイ素のかたちでの骨格への利用に留まる。栄養素としての必要性はあまり判っていない。炭素とケイ素との化学的な類似から、SF などではケイ素を主要な構成物質とするケイ素生物が想定される事がある。バンドギャップが常温付近で利用するために適当な大きさであること、ホウ素やリンなどの不純物を微量添加させることにより、p型半導体、n型半導体のいずれにもなることなどから、電子工学上重要な元素である。半導体部品として利用するためには高純度である必要があり、このため精製技術が盛んに研究されてきた。現在、ケイ素は99.9999999999999 % (15N) まで純度を高められる。また、Si(111) 基板はAFMやSTMの標準試料としてよく用いられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57307454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:1stIonizationEnergy
  • 786.500000 (xsd:double)
prop-ja:2ndIonizationEnergy
  • 1577.100000 (xsd:double)
prop-ja:3rdIonizationEnergy
  • 3231.600000 (xsd:double)
prop-ja:above
prop-ja:appearance
  • 暗灰色
prop-ja:atomicMass
  • 3 (xsd:integer)
  • 28.085500 (xsd:double)
prop-ja:atomicRadius
  • 111 (xsd:integer)
prop-ja:bandGap
  • 1.120000 (xsd:double)
prop-ja:below
prop-ja:block
  • p
prop-ja:boilingPointC
  • 2355 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointF
  • 4271 (xsd:integer)
prop-ja:boilingPointK
  • 2628 (xsd:integer)
prop-ja:bulkModulus
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 7440 (xsd:integer)
prop-ja:covalentRadius
  • 111 (xsd:integer)
prop-ja:crystalStructure
  • cubic
prop-ja:densityGpcm3mp
  • 2.570000 (xsd:double)
prop-ja:densityGpcm3nrt
  • 2.329000 (xsd:double)
prop-ja:electricalResistivityAt
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:electronConfiguration
  • 3.0
prop-ja:electronegativity
  • 1.900000 (xsd:double)
prop-ja:electronsPerShell
  • 284 (xsd:integer)
prop-ja:entropy
  • 18.700000 (xsd:double)
prop-ja:group
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:heatCapacity
  • 19.789000 (xsd:double)
prop-ja:heatFusion
  • 50.210000 (xsd:double)
prop-ja:heatVaporization
  • 359 (xsd:integer)
prop-ja:imageName
  • Silicon Spectra.jpg
  • Silicon wafer with mirror finish.jpg
prop-ja:imageName2Comment
  • ケイ素のスペクトル線
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:japaneseCrystalStructure
prop-ja:japaneseName
  • ケイ素
prop-ja:left
prop-ja:magneticOrdering
prop-ja:meltingPointC
  • 1414 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointF
  • 2577 (xsd:integer)
prop-ja:meltingPointK
  • 1687 (xsd:integer)
prop-ja:mohsHardness
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • silicon
prop-ja:number
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:numberOfIonizationEnergies
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStates
  • 4321 (xsd:integer)
prop-ja:oxidationStatesComment
prop-ja:period
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:phase
  • 固体
prop-ja:poissonRatio
  • 0.280000 (xsd:double)
prop-ja:pronounce
  • or
prop-ja:right
prop-ja:series
  • 半金属
prop-ja:shearModulus
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:speedOfSoundRodAt
  • 8433 (xsd:integer)
prop-ja:symbol
  • Si
prop-ja:thermalConductivity
  • 149 (xsd:integer)
prop-ja:thermalExpansionAt
  • 2.600000 (xsd:double)
prop-ja:vanDerWaalsRadius
  • 210 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure
  • 1908 (xsd:integer)
  • 2102 (xsd:integer)
  • 2339 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure100K
  • 3537 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure10K
  • 3021 (xsd:integer)
prop-ja:vaporPressure1K
  • 2636 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:young'sModulus
  • 185 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ケイ素(ケイそ、珪素、硅素、英: silicon、羅: silicium)は、原子番号 14 の元素である。元素記号は Si。原子量は 28.1。「珪素」「硅素」「シリコン」とも表記・呼称される。地球の主要な構成元素のひとつ。半導体部品は非常に重要な用途である。地殻中に大量に存在するため鉱物の構成要素として重要であり、ケイ酸塩鉱物として大きなグループを形成している。これには Si-O-Si 結合の多様性を反映したさまざまな鉱物が含まれている。しかしながら生物とのかかわりは薄く、知られているのは、放散虫・珪藻・シダ植物・イネ科植物などにおいて二酸化ケイ素のかたちでの骨格への利用に留まる。栄養素としての必要性はあまり判っていない。炭素とケイ素との化学的な類似から、SF などではケイ素を主要な構成物質とするケイ素生物が想定される事がある。バンドギャップが常温付近で利用するために適当な大きさであること、ホウ素やリンなどの不純物を微量添加させることにより、p型半導体、n型半導体のいずれにもなることなどから、電子工学上重要な元素である。半導体部品として利用するためには高純度である必要があり、このため精製技術が盛んに研究されてきた。現在、ケイ素は99.9999999999999 % (15N) まで純度を高められる。また、Si(111) 基板はAFMやSTMの標準試料としてよく用いられる。
rdfs:label
  • ケイ素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:above of
is prop-ja:below of
is prop-ja:impurities of
is prop-ja:left of
is prop-ja:right of
is foaf:primaryTopic of