Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 「グロリア・スコット号事件」(グロリア・スコットごうじけん、The Gloria Scott)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち17番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1893年4月号、アメリカの『ハーパーズ・ウィークリー』1893年4月15日号に発表。同年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された。シャーロック・ホームズが大学在籍中に手掛けた最初の事件で、探偵を職業とするきっかけになった事件として特筆される。ホームズがワトスンに話して聞かせる形式を取り、冒頭以外はホームズの一人称で語られている。訳者により「グロリア・スコット号」「〈グロリア・スコット〉号の悲劇」などの邦題も使用される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 66105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53697155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 「グロリア・スコット号事件」(グロリア・スコットごうじけん、The Gloria Scott)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち17番目に発表された作品である。イギリスの『ストランド・マガジン』1893年4月号、アメリカの『ハーパーズ・ウィークリー』1893年4月15日号に発表。同年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された。シャーロック・ホームズが大学在籍中に手掛けた最初の事件で、探偵を職業とするきっかけになった事件として特筆される。ホームズがワトスンに話して聞かせる形式を取り、冒頭以外はホームズの一人称で語られている。訳者により「グロリア・スコット号」「〈グロリア・スコット〉号の悲劇」などの邦題も使用される。
rdfs:label
  • グロリア・スコット号事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of