Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グレーン(grain, 記号:gr)は、ヤード・ポンド法における質量の単位である。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡、トロイ衡、薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。日本の計量法体系では、グレーンは限られた用途にのみ使用することができる。古くは、ポンドとグレーンとは別々の単位であり、その換算値は様々であったが、1574年に商人と金細工職人からなる委員会が調査して、1常用ポンドがほぼ7000グレーンに等しいことが確認された。その後、1758年の法令によって1常用ポンド = 正確に7000グレーンと定められた。現在は1グレーンは1959年7月1日以降、正確に 0.064 798 91グラム(64.798 91ミリグラム)である。これは、英米などの6カ国による1958年の国際協定で、常用(常衡)ポンドが7で割り切れるように、0.453 592 37 kgと定義されたからである。この、国際協定で定義されたポンドは「国際ポンド」(International pound)と呼ばれている。今日ではグレーンは、弾丸や火薬の質量を量るのに用いられている。以前は錠剤の質量の計量にも用いられていた。真珠やダイヤモンドの質量の計量には「メートル法グレーン(metric grain)」または「真珠グレーン(pearl grain)」という単位が用いられる。これは50ミリグラム(1/4カラット)に等しい。当初は、メソポタミア地方において大麦の穂の中央からとれた種1粒の重さとして定義された。今日でも"grain"には穀物という意味がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 33562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57289381 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • 0.064000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • グレーン
prop-ja:定義
  • 常用ポンド(正確に)
prop-ja:度量衡
prop-ja:物理量
prop-ja:由来
  • 大麦の種1粒の重さ
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
  • 大麦の粒
prop-ja:英語
  • grain
prop-ja:記号
  • gr
prop-ja:語源
  • 古フランス語 grein(穀物)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グレーン(grain, 記号:gr)は、ヤード・ポンド法における質量の単位である。ヤード・ポンド法の質量の単位には3種類の系統(常衡、トロイ衡、薬衡)があるが、現在では、グレーンはどの系統でも共通して同じ質量であり、常用(または常衡)ポンドの正確に7000分の1、トロイポンドの正確に5760分の1である。日本の計量法体系では、グレーンは限られた用途にのみ使用することができる。古くは、ポンドとグレーンとは別々の単位であり、その換算値は様々であったが、1574年に商人と金細工職人からなる委員会が調査して、1常用ポンドがほぼ7000グレーンに等しいことが確認された。その後、1758年の法令によって1常用ポンド = 正確に7000グレーンと定められた。現在は1グレーンは1959年7月1日以降、正確に 0.064 798 91グラム(64.798 91ミリグラム)である。これは、英米などの6カ国による1958年の国際協定で、常用(常衡)ポンドが7で割り切れるように、0.453 592 37 kgと定義されたからである。この、国際協定で定義されたポンドは「国際ポンド」(International pound)と呼ばれている。今日ではグレーンは、弾丸や火薬の質量を量るのに用いられている。以前は錠剤の質量の計量にも用いられていた。真珠やダイヤモンドの質量の計量には「メートル法グレーン(metric grain)」または「真珠グレーン(pearl grain)」という単位が用いられる。これは50ミリグラム(1/4カラット)に等しい。当初は、メソポタミア地方において大麦の穂の中央からとれた種1粒の重さとして定義された。今日でも"grain"には穀物という意味がある。
rdfs:label
  • グレーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of