Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グレース・ノット又はグレース・キャサリン・ニール・ノット(英: Grace Catherine Neale Nott、1863年7月25日 - 1947年3月3日)は、イギリスの宣教師で、熊本において最初のハンセン病病院回春病院を創立したハンナ・リデルと共に1889年12月来日した。教会より両者は赴任先として熊本が指定された。ノットはリデルに協力して病院を創立しているが性格が地味で目立たなかった。しかし、回春病院が財団法人として認められる際には、ノットは評議員になっているし、リデルを経済的に援助していたという。なお、彼女の母Mary Harriet Nott(1836年 - 1913年9月23日)は、未亡人になってから来日しグレースと同居していた。夏目漱石はロンドン留学が決定した1900年にイギリスの情報を得るために、ドイツ系スイス人ファーデルの紹介でノット母子と知り合いになった。ノットの母は帰国の船の中でも、留学途上の漱石の求めに応じ、英国における漱石の指導教授を捜すのに協力している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3090612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55544808 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グレース・ノット又はグレース・キャサリン・ニール・ノット(英: Grace Catherine Neale Nott、1863年7月25日 - 1947年3月3日)は、イギリスの宣教師で、熊本において最初のハンセン病病院回春病院を創立したハンナ・リデルと共に1889年12月来日した。教会より両者は赴任先として熊本が指定された。ノットはリデルに協力して病院を創立しているが性格が地味で目立たなかった。しかし、回春病院が財団法人として認められる際には、ノットは評議員になっているし、リデルを経済的に援助していたという。なお、彼女の母Mary Harriet Nott(1836年 - 1913年9月23日)は、未亡人になってから来日しグレースと同居していた。夏目漱石はロンドン留学が決定した1900年にイギリスの情報を得るために、ドイツ系スイス人ファーデルの紹介でノット母子と知り合いになった。ノットの母は帰国の船の中でも、留学途上の漱石の求めに応じ、英国における漱石の指導教授を捜すのに協力している。
rdfs:label
  • グレース・ノット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of