Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グレゴリオ聖歌(グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、西方教会の単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 94383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 31629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 378 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57828820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • 上掲画像の写本の大きな G からはじまる部分に相当。 "Annunciabunt . . . quẽ fecit dominus" の文言の後と、 "Gloria patri." の後にアンティフォナが繰返される。 "Gloria patri" は冒頭と末尾のみ書かれている。末尾の "EVOVAE" は、最後の "sæculorum, amen." の母音のみを記したものである。この音源では、ルネサンスドイツ式のラテン語発音を用いている。
  • グレゴリオ聖歌の典礼文のレチタティーヴォの例
  • グレゴリオ聖歌の繰り返し構造の例
  • マリア・アンティフォナ
  • 交唱聖歌の例
  • 応唱聖歌の例
prop-ja:filename
  • Alma Redemptoris Mater.ogg
  • De profundis.ogg
  • Epistle for the Solemn Mass of Easter Day.ogg
  • Gaudeamus omnes - Graduale Aboense.ogg
  • Kyrie 55, Vatican ad lib. VI, Cambrai.ogg
  • Loquetur Dominus.ogg
prop-ja:title
  • 復活祭のための荘厳ミサにおける使徒書簡
  • Kyrie 55, Vatican ad lib. VI. カンブリア写本, Bibl. Mun. 61, fo.155vより、David Hileyの翻刻による。
  • アドベントの最初の日曜から聖燭節の期間の終課と賛課に歌われる「アルマ・レデンプトリス・マーテル」
  • フィンランドの守護聖人聖ヘンリクを讃えるミサの入祭唱 Gaudeamus omnes
  • 死者のためのミサのためのトラクトゥス De profundis
  • 年間第34週のための入祭唱 Loquetur Dominus
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グレゴリオ聖歌(グレゴリオせいか、グレゴリアン・チャント)は、西方教会の単旋律聖歌(プレインチャント)の基軸をなす聖歌で、ローマ・カトリック教会で用いられる、単旋律、無伴奏の宗教音楽。
rdfs:label
  • グレゴリオ聖歌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of