Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グルコサミン(Glucosamine、化学式C6H13NO5)は、グルコースの一部の水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つである。動物においては、アミノ基がアセチル化されたN-アセチルグルコサミンの形で、糖タンパク質、ヒアルロン酸などグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の成分となっている。N-アセチルグルコサミンは、アスパラギンにマンノースを中心とするオリゴ糖鎖が結合するN結合型糖タンパク質の骨格をなすほか(キトビオース構造)、更に複雑構造を持つ糖鎖の主要構成糖である。ヒアルロン酸は、軟骨に大量に存在するプロテオグリカン複合体(アグリカン、ヒアルロン酸、リンク蛋白質の3成分を中心とする複合体)の中心を占める巨大なグリコサミノグリカンである。ヒアルロン酸は、保湿物質として、あるいは軟骨のようなクッション作用を持つ組織の成分として重要である。グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在している。
dbpedia-owl:imageSize
  • 100 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • (3R,4R,5S,6R)- 3-アミノ-6- (ヒドロキシメチル)オキサン-2,4,5-トリオール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1413947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58632020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Glucosamine Structural Formulae V.1.svg
prop-ja:imagefiler
  • beta-D-glucosamine-3D-balls.png
prop-ja:imagesizel
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • -3 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • グルコサミン(Glucosamine、化学式C6H13NO5)は、グルコースの一部の水酸基がアミノ基に置換されたアミノ糖の一つである。動物においては、アミノ基がアセチル化されたN-アセチルグルコサミンの形で、糖タンパク質、ヒアルロン酸などグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の成分となっている。N-アセチルグルコサミンは、アスパラギンにマンノースを中心とするオリゴ糖鎖が結合するN結合型糖タンパク質の骨格をなすほか(キトビオース構造)、更に複雑構造を持つ糖鎖の主要構成糖である。ヒアルロン酸は、軟骨に大量に存在するプロテオグリカン複合体(アグリカン、ヒアルロン酸、リンク蛋白質の3成分を中心とする複合体)の中心を占める巨大なグリコサミノグリカンである。ヒアルロン酸は、保湿物質として、あるいは軟骨のようなクッション作用を持つ組織の成分として重要である。グルコサミンは、自然界ではカニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在している。
rdfs:label
  • グルコサミン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 2-Amino-2-deoxy-D-glucose chitosamine
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of