Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • グルイーノ (gluino)とは、超対称性粒子の一種であり、量子色力学で強い相互作用を媒介するゲージ粒子として導入されたグルーオンの超対称性パートナーである。CERN・LHC加速器のATLAS検出器による探索では、質量が700GeV以下の領域では発見できなかったと2011年2月17日にアトラス実験のHPで公表された。超対称性理論では、素粒子の標準理論に登場するゲージ粒子はスピンが1のボース粒子、即ちベクトル粒子であるので、その超対称性パートナー粒子は、ゲージ粒子と同一のベクトル超多重項に属する、スピンが1/2のフェルミ粒子となる。グルーオンがカラー八重項の質量0のゲージ粒子であるのに対して、グルイーノはカラー八重項の質量が0でないマヨラナ粒子である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1776398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55088384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:スピン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:名前
  • グルイーノ
prop-ja:発見
  • 未発見
prop-ja:組成
dcterms:subject
rdfs:comment
  • グルイーノ (gluino)とは、超対称性粒子の一種であり、量子色力学で強い相互作用を媒介するゲージ粒子として導入されたグルーオンの超対称性パートナーである。CERN・LHC加速器のATLAS検出器による探索では、質量が700GeV以下の領域では発見できなかったと2011年2月17日にアトラス実験のHPで公表された。超対称性理論では、素粒子の標準理論に登場するゲージ粒子はスピンが1のボース粒子、即ちベクトル粒子であるので、その超対称性パートナー粒子は、ゲージ粒子と同一のベクトル超多重項に属する、スピンが1/2のフェルミ粒子となる。グルーオンがカラー八重項の質量0のゲージ粒子であるのに対して、グルイーノはカラー八重項の質量が0でないマヨラナ粒子である。
rdfs:label
  • グルイーノ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of