Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『グリム童話』(グリムどうわ、独: Grimms Märchen)は、ヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟が編纂したドイツのメルヘン集である。正式なタイトルは『子供たちと家庭の童話』(独: Kinder- und Hausmärchen)で、1812年に初版第1巻が、1815年に第2巻が刊行され、著者の生前から数度改訂されつつ版を重ねた。160以上の言語に翻訳されており、聖書に並ぶといわれるほど広く読まれたとされ、多くの芸術家にインスピレーションを与えている。また民話収集のモデルとして、他国の民話研究にも大きな影響を与えた。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 73544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57647282 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:country
prop-ja:genre
prop-ja:imageCaption
  • 第1巻(第2版)タイトルページとルートヴィヒ・グリムによる口絵(「兄と妹」)
prop-ja:imageSize
  • 340 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • Kinder- und Hausmärchen
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • 1812 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
  • ライマー書店(第2版まで)
prop-ja:ref
  • 山田
  • 須田
prop-ja:reference
  • 須田康之 「日本におけるグリム童話の受容と変容」 『教育社会学研究』 日本教育社会学会、1991年10月。
  • 山田史子 「日本におけるグリム・メルヘン受容」 『研究年報』 慶應義塾大学、2004年。
prop-ja:title
  • 『グリム童話』
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『グリム童話』(グリムどうわ、独: Grimms Märchen)は、ヤーコプとヴィルヘルムのグリム兄弟が編纂したドイツのメルヘン集である。正式なタイトルは『子供たちと家庭の童話』(独: Kinder- und Hausmärchen)で、1812年に初版第1巻が、1815年に第2巻が刊行され、著者の生前から数度改訂されつつ版を重ねた。160以上の言語に翻訳されており、聖書に並ぶといわれるほど広く読まれたとされ、多くの芸術家にインスピレーションを与えている。また民話収集のモデルとして、他国の民話研究にも大きな影響を与えた。
rdfs:label
  • グリム童話
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Kinder- und Hausmärchen
  • 『グリム童話』
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of